2010年08月30日

【'10天皇杯兵庫県予選】決勝/関学クラブ−関学大 監督・選手コメント

2010年度 第13回兵庫県サッカー選手権 決勝・関西学院サッカークラブ−関西学院大の監督・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎監督
 1試合通して集中力がなかった。自分たちは大したチームではないのに気を抜いてプレーして、2−0で油断していたところで失点してしまった。すべてにおいてバタバタしていていいところがなかったので、勝ったけれども嬉しくはありません。前期最終節の関大戦は引き分けたはしたがあれだけ戦えたのに、総理大臣杯の高知大戦ではビビって全くやりたいことをやれなかった。自分たちのサッカーを堂々とできるようにしようとこの夏、トレーニングに取り組んできたが、今日は試合の中で何をしたいのかというのを出せていなかった。だけど、こういうことは経験を積み重ねていかないと成長していかない。天皇杯という場で厳しい戦いができることは大きい。全国大会で戦えることを無駄にしないよう、大事に戦いたいです。

平川&吉川&渡辺−Voice 関西学院大学・渡辺毅仁(MF・主将)
 今日はとにかく結果が欲しかった。でも監督からは厳しいことを言われたし、プレーが伝わっていないということは、客観的に見て自分たちはまだまだだということだと思う。それを見直して次にいい試合をできるようにする。失点の場面は後ろのリスク管理で自分はわかっていても、お互いに伝わっていなかった。疲れた時間でも声は出せるので、もっとしゃべって意思を統一しなくてはいけない。今日はセットプレーから得点できたのは良かったけど、練習してきたクロスからのシュートや、数的優位を作る状況ができていない。相手の嫌がる攻撃をしないと攻守両面でいい試合はできないので、しっかりやりたいです。チームの波が激しいが、徹底することを徹底してできたらもっと強くなれると思う。自分たちのやることを見失わずに波のないチームにしたい。4回生が頑張って、下の学年と協力しながらもいいチームを作れるようにしたい。MIOはうまい選手が多いが、組織で勝負していきます。
(写真は左からMF・平川直人、主務・吉川大樹、主将・渡辺毅仁)

Data:
関西学院サッカークラブ 1−2(前半0−1) 関西学院大
得点:【関学大】22分 松本圭介
   【関学大】47分 山内一樹(アシスト・梶川諒太、高橋宏次郎)
   【関学ク】82分 金尾和泰(アシスト・北野雄志)

Member:
【関学クラブ】
GK:原田和明
DF:青戸謙典(→67分 箱根正斉)、金子雄太、太田達志、飯田洋介
MF:木村哲也、佐伯雄亮、南 智幸(→78分 金尾和泰)、
FW:北野雄志、新保和也(→52分 持田和明)、原田雅史(→83分 中野晶之)
サブ:東 良太、前田大輔、岡田拓郎
【関西学院大】
GK:横江 諒
DF:津田真吾、渡辺毅仁、高橋宏次郎、井林 章、
MF:桑野裕士(→HT 平川直人)、桑原理介(→HT 梶川諒太)、松本圭介、的場裕貴(→73分 村井 匠)、熊木 翼
FW:山内一樹
サブ:上田耕治、高松功一、関 皓平、岡崎太一
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。