2010年09月13日

【10関西SUL】セレッソ大阪−関西選抜A スタッフ・選手コメント

関西ステップアップリーグ・セレッソ大阪−関西選抜Aのスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西選抜A・朴 成基コーチ(阪南大)
 試合の入りとしては悪くなかった。先日、サンガに勝利し、これまでもっていた自信と合わせていい精神状態で臨めた。相手が攻め手を失った時間帯に、長いボールに対する勝負の部分で、こちらが自信を持っていた(田中)雄大、井手口のところでファウルを取られてしまった。セレッソにそのセットプレイを引き出され、イニシアチブを奪われてしまった。枝本と村井にはウラに行こうと言っていたが、なかなかうまくいかず、後半はトップの組み合わせを変えて相手が戸惑ったところで主導権を取れたけれどフィニッシュに至るタイミング、精度が足りなかった。
ステップアップリーグのいい経験をそれぞれのチームに還元して、自分らのリーグをワンランク上のものにしていって欲しい。見に来て良かったと思えるリーグの下地を、招集された選手たちが作っていってくれたらと思います。

宮内豪−Voice 関西選抜A・宮内 豪(DF・桃山学院大)
 自分たちが相手に隙を与えなければ勝てた試合だと思う。どの失点ももったいなかった。ボールの質や高さもわかっていたが、ビビってセットプレーでラインが下がっていた。やる前から気持ちの面で受身になっているところがあった。相手が上とわかっているなら、身体を張るとかそれなりの戦い方をしなくてはいけなかった。
選抜でメンバーが変わっている中でも、コミュニケーションも取れているし、他のチームと違う部分を感じながら、結果も残せている。隙が出ているところもあるけれど、ここまでの試合の中で結果を出せていることは大きいと思います。

海田佳祐−Voice 関西選抜A・海田佳祐(MF・関西大)
 (得点の場面は)相手のDFがボールばかり見てて、一番外にいる僕を見ていなかったので、外から中に入っていった。(岡田)翔太郎くんのボールも良かったので、うまく決められました。緊張せずにやれたし、いつもの感じでプレーはできた。場面場面では自分のいいところも出せたけど1試合を通してみたら課題は多い。ハードワークの部分はまだまだだし、特に守備は課題です。選抜なので一人一人の能力も高く、できなかった箇所も多かった。自分の今の位置も判ったし、中盤のすごい選手のプレーを見て、それを盗んで関大でも生かしていけたらと思います。
posted by yasuyo KANIE at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010関西ステップアップリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162558279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。