2006年04月11日

【06春季リーグ】第2節/立命大−びわこ 監督・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第2節・立命館大−びわこ成蹊スポーツ大の監督・選手コメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 シュートは少なかったが、いい感じで試合は進められていた。1戦めに比べたら気持ちも入っていたし、ディフェンスも局面で頑張っていた。まだまだこれから良くなると思う。試合がバタバタし始めて、活動量があっぷあっぷになり、DFからも楔のボールが入れられなくなっていたので、ドリブルで緩急をつけられる海野をあの時間帯に入れた。スタートの選手もサブの選手も、いい意味で特徴を持っているから、そこを引き出して勝てるようにするのが、監督としての僕の課題です。チームが落ちついてくる時期はこれからだし、勝ちきるために貪欲にシュートへ行っている場面も出てきた。コミュニケーションを取っていけば、もっと良くなると感じている。

湯浅隆二−Voice 立命館大学・湯浅隆二(DF・主将)
 近大戦は前半に2失点してしまったので、今日は前半は0点に相手を抑えて、後半仕掛けようという狙いでした。チャンスがあったのに決めきれず、最後の時間帯にそのツケがまわってきてしまった。びわこは速攻を得意としているので、切り替えが遅いと攻めこまれる形になる。ピンチの時はイージーなパスを拾われてしまっていたから、次に向けてもっと修正したい。
今年も去年同様のつなぐサッカーをやるけど、つなぐだけでなくいかに点に結びつけていくかをテーマにしている。点を取るためのつなぐサッカーを目指しています。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 うちはメンバーの入れ替わりがなかったから、他が春先のチーム作り段階の今の時点で、もっと差が出るようなサッカーができなければいけない。攻撃が爆発しないのは残念ではあるが、相手チームも研究してきている。近藤ひとりだけなので、まだ多彩な攻撃ができていない。チャンスはあったのだが、雑にサッカーをしてしまっている。こないだもラスト2分で取られているし、まだチームに甘い部分がある。優勝を狙いにいかなあかんのに、そういう勢いに乗れていない。どこもそんなに力の差はないから、とにかく失点をしないことが大切。今年は失点の少なさがリーグでベスト1、2となるような、しまりのあるゲームをしていきたい。

近藤岳登−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・近藤岳登(FW・主将)
 中盤の攻守の切り替えが遅く、FWが孤立している。押し上げて、よりコンパクトにゲームができれば、もっと良くなると思う。立命を0点に抑えられたのは収穫です。春のオーストラリア遠征で自分たちの甘さを実感できたのと、先週あと少しのところで同点にされて、最後の時間まで切れずにやる大切さを改めて感じたことで、今日は最後まで厳しくいこうと話していた。それがDF面での良さになった。まだリーグは始まったばかり。中だるみやつかれも出てくるが、集中力を持ってやっていきたい。サポートとコミュニケーションを大切に頑張りたい。個人的には早く得点を決めたいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。