2006年04月17日

【06春季リーグ】第3節/関学大−大院大 スタッフ・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第3節・関西学院大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 集中力の欠如としかいいようがない。セットプレーだからしゃあないでは済まない。最初に2本入れられてしまったのは、勝てるんちゃうかという気もどっかでなんとなくあったのではないか。最後は焦って、中へ中へとボールを入れてしまっていた。横を広く使うために選手交代をしたのに、最短距離を狙ってボールをストレートに真ん中にいれてもそう簡単には取れない。チームとしてやろうとしたことが半分くらいしかやれてない。考えてパスを出す人と受ける人の気持ちに差があった。今日のような試合を引き分けに持っていけないのは弱い部分だと思うが、負けて一つ一つ成長していかないとしゃあない。

山本悟史−Voice 関西学院大学・山本悟史(DF・主将)
 最初からせんでいいファウルをしてしまい、FKで失点してしまった。集中ができておらず、入り方が悪かった。改善できる失点なので、次につなげないと意味がない。取られる時間が悪くて、ゲームの流れが変わってしまう。もっと簡単にプレーする時間帯を勉強しないとダメだと思う。試合に出ている4回生が少ないのは難しいが、今出ているメンバーで闘っていくしかない。

−Voice 大阪学院大学・高間 武ヘッドコーチ
 いい形で前半取れたので、モチベーションも落ちなかった。10人になってしまったが、笹垣が入って取ったことでチームの士気も上がった。この1週間、顔を上げて「勝ちたい」という意識が出た練習ができた。最初の2戦は上手にやらなくてはとなっていて、闘うという感じではなかった。闘志を全面に出して闘わないとうちは勝てない。それが前の2試合よりは出せていた。10人になったのは苦しかったが、ふんばれて価値ある勝ち点3だと思う。疲れてはいるが、勝ったので気分よく明日の試合には入れる。切り替えの部分で負けずに、相手コートでサッカーができるようにしたい。

丸谷祐一−Voice 大阪学院大学・丸谷祐一(DF・ゲームキャプテン)
 やっと勝ててよかった。3試合ではじめて先制できたし、セットプレーではあったが2点とれたことで落ちついて前向きにやれた。今まではラインが低かったが、しっかり上げて前から狙っていこうということができた。落ちついて前からプレッシャーをかけられた。10人になったけど、ハーフタイムには、ワンチャンスをモノにして声を掛け合って守ろうと話し合ったし、加茂さんからも「全員が10%をプラスして一人分を補おう」といわれ、がむしゃらに走りきろうと思った。課題はあるけど、10人でよくやった。一人一人がチームの代表として、試合に出ている重みを感じて、自信を持って試合に挑んだら、明日もいいサッカーができると思っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。