2006年04月18日

【06春季リーグ】第4節/阪南大−大院大 スタッフ・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第4節・阪南大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 昨日、温存したというわけではないが、短い時間しか使わなかった選手たちが、今日はよくやってくれた。稲田もあんなに当たるとは。連戦だったので、吉川が走れるかどうか厳しかったのと、向こうが笹垣を最初から出してくるのではないかと考えて、高さ対策もあって本来ボランチの稲田をCBとして起用した。前線も今日は走れる西田からいって、ローテーションでこの2試合はまわそうと思っていた。使った選手がそれに応えて得点してくれた。5点取れたが、昨日の敗戦とようやくプラマイゼロになったということ。次の関学は死に物狂いでくるだろう。そういう相手に対して、どういう戦いができるかだ。

西田剛−Voice 阪南大学・西田 剛(FW)
 連敗はしたくなかった。勝つことをまず考えていたが、昨日短い時間しか出られなかった悔しさもあったので、得点できてよかったです。相手のDFは高さとルーズボールに強いので、負けないように自分たちのサッカーをしたのがいい結果につながった。ハットトリックは、チームがつないできたのでみんなのゴールだと思う。各ポジションが仕事をした結果で、僕は得点をするのが仕事。3得点めは取って取られてて、また取られたら危なかったのでいい感じで入ってよかった。ああいうのは得意なんで、とりあえず打ってみたら上手く入った。でも決めてあたり前のところで外しているので、きっちり決めないと。1年の時から、目標は得点王だし、貪欲に狙っていきたい。次の関学はDFが強いが、自信はある。練習からしっかりアピールして、ゲームで結果を出したい。

−Voice 大阪学院大学・高間 武ヘッドコーチ
 阪南が来るのが分かっていて、それ以上で入らないと足元を掬われてしまうのに、それができなかった。最初の入り方で相手を圧倒するような迫力を持たないとゲームにならない。その辺、どれだけ選手が学習しているかだ。5点取られても、90分間、下を向かずにやれていたら、胸をはって帰れるが、それがやれていない。失点してからようやく戦っている。昨日みたいな幸運を待ってサッカーしていたら、勝てない。何が何でもという気持ちを前面に出していかないと。戦術や技術以前の問題だ。


この記事へのコメント
あんたまだサッカーしてたんだね。
Jリーガーになる姿が本当に見れる日がくるようなきがするよ。
頑張って。

Posted by 曽於市 at 2006年12月08日 15:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。