2006年04月24日

【06春季リーグ】第5節/大体大−びわこ 監督・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第5節・大阪体育大−びわこ成蹊スポーツ大の監督・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 入った二人がアシスト・得点を決めてくれた。(橋本)和はまだ体調が万全でないので、少し前で使った。ペナルティエリアに入ったらシュートを打っていけと指示をした。あいつにはそういう力もある。びわこは近藤がボールを取れるので、DFが引き気味になっていたのを後半修正させた。中盤の中のゾーンが引いていたことで、近藤が長い距離ボールを持ててしまう。びわこは攻める力があるので、無失点に抑えられたことは良かった。今からはどこのチームも必死になってくる。しっかりプレスをかけて前から詰めていったら、こちらのペースで次も進められると思う。交代メンバーが仕事をしてくれたから、競争意識も出てきていい。全員が責任感を感じてやってくれている。

橋本和−Voice 大阪体育大学・橋本 和(DF)
 僕はDFなんだけど、前の選手と変えるから点をどんどん取りに行けと言われました。あのポジションは初めてだったけど、攻撃は面白いなと思いました。いいところにこぼれてきたので、思いっきり振りにいった。0−0だったし、決まってめっちゃ気持ちよかった。アシストもうまく決まって、今日は良かったと思います。でもやっぱり本職はDFなんで、そっちの方もしっかり練習でアピールして出場できるようにしたいです。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 チャンスをものに出来ないのはしょうがない。向こうがシュートが上手かった。流れ的に集中を欠いていたのと、失点して落胆していたことで、立て続けに取られることになってしまった。そういう怖さ、勝負をまだうちのチームは知らない。こうしたら勝てるというきちっとした戦いを出来ていない。ずるずると質の悪さが出ている。岡谷もまだまだこれから良さが出てくると思う。去年はシンプルなサッカーができていたが、チームの改造期でもあるし、質を上げるということはリスクも負うことだ。今日は上にいけるか、中位・下位になるかの山場だったが、これで上位は難しくなってしまった。どこのチームも力があるので力負けしているのが今の状況だ。

宇野勇気−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・宇野勇気(MF)
 流れは悪くないんだけど、ある時間帯で集中が切れてしまう。ルーズボールに弱いし、そこでしっかり勝ち切れれば流れは良くなると思う。去年からコンセプトは変わっていないが、今年は決定力と守備の集中力が課題。先制点を取れればよくなると思う。チームとしてはトップに預けて相手に先手を取って攻めるというカウンターがはまれば、今日の前半みたいなチャンスも生まれるし、そういう時は守備も上手くいく。とにかくこの後、1戦1戦戦うしかない。あと4試合勝てばまだ分からないし、自分たちが出来ることをやって戦えば、後から結果はついてくる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。