2006年04月24日

【06春季リーグ】第5節/阪南大−関学大 監督・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第5節・阪南大−関西学院大の監督・選手コメントです。
−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 トップがもうちょっとバトルに勝って、ボールを引き出さないと。1人では無理ならば、2人で連動していく動きが必要だった。トップ下のところでサイドにばかり張らず、もらってそこで仕事をしていかなければいけない。DFの動作もゆっくりしてしまった。後半、相手もかなり緩んできたのに、ミスから失点してしまってはしょうがない。相手に力をつけてしまった。必死に来る相手にどう戦うかという試合だったが、まさにそういう結果になった。うちの弱さが完全に出た。リズムが出ずに、バトルに負けてしまった。これまでリズムを作ってきた選手たちのストロングポイントが出ずに、ウィークポイントばかりが出てしまった。これを乗り越えないと、もうひとつ強いチームにはなっていけない。

松岡亮輔&小野原明男−Voice 阪南大学・松岡亮輔(MF・主将)
 向こうはやりたいことをスムーズに出来ていたけど、こっちは90分間模索したまま終わった。桃山戦と同じ繰り返しになってしまった。何とか立て直さなあかんのに、それもできなかった。負けてる試合で、相手に先手を取っていかれて、後手に回って苦しかった。攻めているけど、シュートがなく、向こうからしたら攻めさせても怖さがなかったと思う。攻撃も守備もサポートがなく、足元のみになっていたし、関学の方が走れていた。大院に大勝して、精神的な甘さがあった。そういうモチベーションに持っていかせられない、キャプテンの責任です。同じコンセプトを持ってサッカーできるよう、もう一度チームの意識をひとつにして、次の試合には臨みます。
(写真左は関西学院大・小野原明男。セレッソ大阪U-18での松岡の後輩)

−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 1点入ってから、バタバタしてしまった。中盤、ボランチ2枚がフリーで空いていたのに、ボールを入れてしまって、それが最後になって響いてきた。相手も最初は勢いがなかったし、みんなの中にもこれ以上は負けられないというのがあって、気持ちの面でしっかりやれた。シュートに対してもしっかり身体を当てにいっていた。人数が減ってしまったが、よく全員で耐えた。相手が強いとボールを動かされるから、集中も続く。ボケずにプレーできれば、最終ラインの3枚とGKでしっかり攻撃を食い止めることができる。頑張っていい結果を出すことが出来たので、次の試合も戦っていけるのではと感じている。

稲田瑞穂−Voice 関西学院大学・稲田瑞穂(MF)
 前半、ミドルシュートばっかで、ゴール前までいけていなかった。ハーフタイムに北野の競った後のところを、町田と連携してしっかり取って行こうと確認しあって、形になってきた。北野が勝ってくれるので、僕ら二人としてはやりやすいです。監督からミドルシュートを意識しておけとずっと言われていて、前半も狙っていたので、あの場面では打っていった。練習でも上手くシュートが入っていたから、今日は幸があるかなと思っていたら、試合でもポストに当たったけど中に跳ね返って幸がありました。最後、9人になってしまったが、応援が僕らを動かしてくれるので、みんな頑張れたと思う。次の関大には、去年、関西選手権で負けて悔しい思いをした。応援と一丸になって勝ちにいきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。