2006年05月04日

【06春季リーグ】第7節/大院大−びわこ スタッフ・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 第7節・大阪学院大−びわこ成蹊スポーツ大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・高間 武ヘッドコーチ
 ずっと課題にしている、前半相手より勢いをもってスタートを切るというのがまあまあやれた。1点取って、切り替えが遅くなる場面があったけれど、バックラインが慌てなくなり、落ち着いて相手のスペースを消せるようになった。アクシデントがあり、岡村を投入したが、バックラインも気にしながら攻撃もしっかりやれていた。DFの薄いうちにはこういう選手が出てくるのはありがたい。今日はみんなよく頑張った。選手同士でああしようこうしようという意見も出てくるようになってきて、真剣にやりだしている。もっと勝つ意欲が出てきて欲しい。ここまでの試合で、勉強している部分もあるし、ゲームをやりながら戦術理解が深まり、個人能力も上がってきている。うちは試合経験が少ない子が多かったし、真剣勝負をしながら学習してきている。

笹垣亮介−Voice 大阪学院大学・笹垣亮介(FW・主将)
 前半はまだ集中がときどき切れてしまうところがあって、それで1点取られてしまった。だけど後半は集中して、リスタートも切らさずに出来たので良かった。自分としても、出るからには点を取りたかった。DFが安定していない部分もあるから、できるだけ多く得点してやろうと思っていた。立ち上がりにふわんと入ってしまうところは課題だが、そういうところをなくしていけばもっと楽に試合ができると思う。中2日で次の試合なのでしんどいかもしらんけど、チーム一丸となってみんなで戦うしかない。練習から試合を意識してやっていきたい。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 大阪学院が今までで一番いいサッカーをしていた。プレスも速かったし、うちには負けられないという気持ちが前面にでていた。こちらは立ち上がりのチャンスをものに出来なかった。ゴール前のビッグチャンスで決められる技術がない。勝てるチームになっていない。岡谷はもうちょっと使いたかったのだが、足の速い小林建太を入れて状況を変えようとした。でも、中盤が作れなかったので意味がなかった。技術がない分、初歩的なミスが多かったし、審判の反感をかうような文句を言ったりと、うちの選手は駆け引きを知らない。あと2つはやってみないと分からない。少しの時間しかないが、もうちょっと攻守の改善をしたい。

近藤岳登−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・近藤岳登(FW・主将)
 俺が前半のチャンスで外したのが、あかんかった。ストライカーとして失格です。ビッグチャンスを決められないことで、DFへの負担を増やしてしまっている。先手を取られてしまったのも、それが原因だと思う。この前の桃山戦でも2点取れたので、個人的には良くなってるし、今日もリラックスして臨めた。チームとしては守りきれていない。特にセットプレーでの集中力、バトルで負けている。もっと厳しさを持てたらいいが、そういうのが弱い。最後、3トップにしてベンチの指示をチームが理解できずに、何をしたいのかが徹底されておらずにかみ合わなかった。次の関学は3バックだからカウンターも狙いやすい。3バックのウラをついてゴールを決めたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。