2006年05月06日

【Iリーグ2006】Aブロック前期第2節/甲南大会場 選手コメント

ジェルテックカップIリーグ2006 Aブロック前期第2節・甲南大会場 選手コメント
林真−Voice 甲南大学・林 真(FW)
 前半はやることがはっきりしなくて、サイド攻撃と中の関係がきっちり決められていなかった。後半、そこをやるようになって、チャンスも増えたかなと思う。中盤のふたりがしっかりボールを取ってくれていたので、前に行っていてパスがくるから、高い位置でボールを取れた。決定的なところでなかなか決めきれなかったが、サイドからのボールに僕らFW2人が徹底していけた。勝ちゲームだったのに、最初相手に合わせてしまっていた。ボールを支配したときにきっちり全員が仕事をしていたら、もっと得点も入っていた。まだ勝ち点1なので、次は勝ち点3を取りたい。

岩本拓也&前田宰志−Voice 関西学院大学・岩本拓也(FW)
 4回生として頑張らないとというのもあるけど、チームとして勝つことが大事なので、結果として得点が取れたと思います。得点も坂本がプレスをかけに行ってくれたので、そこでボールを奪えて得点になった。昨日、勝ってくれていたのが大きかった。連戦なので、今日は昨日とメンバーが違う。もらったチャンスを生かそうと思ったし、僕らが今日負けたら、昨日のメンバーに申し訳ない。前田と二人、4回生として盛り上げて頑張ろうと話していた。1回生も増えて頑張ってやっているし、チームとして1つになりかけてるかなというのもある。Bチームが勝つことで、Aに刺激をあたえられてAも盛り上がって勝てたらいいなと思います。
(写真左は、1点めのアシスト・前田宰志)


posted by yasuyo KANIE at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェルテックカップIリーグ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。