2006年05月22日

【06関西選手権】1回戦/立命大−京産大 監督・選手コメント

第35回関西学生サッカー選手権大会 1回戦・立命館大−京都産業大の監督・選手コメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 シュートについては精度は必要だが、だいぶ意識できている。リスクを負って攻撃する分、回数も含めてカウンターの受け方が少し多いように思う。そこは次のゲームに向けてしっかり勝つために修正が必要なところです。受け身になってはいないけど、相手に支配された時間も多かった。ちょっとしたミスから、相手に人数をかけられて苦しくなったが、落ち着いてボールを回していくことでもっと攻撃に時間をかけられるようになる。後半立ち上がり、相手のシステム変更と前線からのプレスで支配された時間を、向こうのミスもあったけれどゼロに抑えられたことが大きかった。最後、前に人数張ってこられたが、サイドバックがリスクをかけんときっちり守れた。次の体大はいいチームなので、チャレンジしにいく。相手よりもしっかり自分たちのサッカーができて、結果がついてきたらいいと思う。

永田亮太−Voice 立命館大学・永田亮太(MF)
 僕が流れて中に入っていけたので、ゴールはあわせるだけでした。いいつなぎだったし、最後落ち着いて上手く入った。みんなが得点を欲しいと思ってる時間帯だったので、そういうときに入れられて良かった。試合の中で動けていたし、ボールも上手くつながっていた。僕は点が欲しいタイプなので、活躍できてよかったです。
出る大会はすべてできるだけ上に行きたい。勝つのは難しいけど、精一杯やるだけです。ボランチとしてチームをいろいろ動かして、しっかりDFしながら展開をしていければ、勝っていける。春からコミュニケーションをとりながらこれまでやってきたのが、ゲームの中で出せるようになってきてる。去年以上のチームにできると思う。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 90分とおしてやっていく中で、何をやらなあかんかが見えた試合だった。組織的に形は作れていたので、差はないと思った。だが1人1人のフィジカル、判断能力という部分が1部リーグの方が経験は上。個人の部分でやられていたので、そこを秋までにどう鍛えていくかです。リーグからの課題だが、早い時間から押し込んでいながら、得点が取れない。攻撃の形までは作れて、組織を理解して機能しているが、そこは個人のパフォーマンスの問題ですね。
去年の入れ替え戦で同志社に負けてから、1部で戦えるチームにしていこうといい続けているし、本人たちも良く分かっていると思う。今年は金本や東岡といったいい新入生も獲得できた。次の世代のためにもずっといい状況でサッカーできるようにしたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。