2006年05月25日

【06関西選手権】2回戦/立命大−大体大 監督・選手コメント

第35回関西学生サッカー選手権大会 2回戦・立命館大−大阪体育大の監督・選手コメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 前半、強気でライン設定ができず、ずるずると受けてしまうところがあった。相手の状況ではなく、自分たちの意図をしっかりゲームに反映できたら、立ち上がりに猛攻を受けることはなかっただろう。後半の入りでそこを意識できたし、セットプレーだけど得点も入ったのでトータルとしては上手くいったのではないかと思う。ロングボールへの対応は、後半は特にいつも以上に落ち着いてやれていた。最後に失点してしまったが、時間の使い方やキープの仕方を丁寧に、かつ意図をはっきり反映させる緻密さを持って、一瞬でも隙を作らないように大事に試合をできないともっと厳しい状況では難しくなる。近大は目指すサッカーを続けてきた強さがある。そこにチャレンジしたい。自分らがやろうとするサッカーをしっかり出していきたい。

西野誠−Voice 立命館大学・西野 誠(MF・ゲームキャプテン)
 前半押し込んでくるから蹴っていたら、相手に先手をとられてしまっていた。もっとDFラインからつなげば、僕らのポゼッションも上がるし、取られる回数も減るのでつなげようと声をかけあった。中盤ではセカンドを拾えてなかったので、僕と(永田)亮太で拾っていくことを意識した。流れ悪い中でもセットプレーで取れたので、リズムを持ち込めたという意味でよかったと思う。リーグの最初は森井に当てる意識が強かったが、それにこだわらずに組み立てて、DFでも回すことで修正してペースをつかめるようになった。吾郷や古部も特徴を生かしてプレーしてくれて、攻撃ではみなが高い意識を持って競い合えたし、中盤は(高橋)健史が的確な指示を出してくれて、お互いがいい形で修正できるようになってきたのが、結果につながったのではないか。近大にはリーグで勝ってはいるが、僕らも初戦よりいいチームになっている。それをしっかり出せれば、自信をもって試合をできると思う。

−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 最終ラインでのミスが3つ重なってしまったので、何も言いようがない。バックラインで崩れてしまうとどうしようもない。3点めが効いたね。先制して攻め込んでいるのに、あそこでダメ押しが取れなければ、立命館は上手さがあるのでやられてしまう。取れないところに甘さがある。もっと4回生が試合の中でリーダーシップをとって、力を出し切れるようにしていって欲しい。若いチームなので、秋には作り直してたくましくしていきたい。発展途上のチームだが、見通しはできている。春はまんべんなく得点をできたということは悪くなかったが、逆にこいつという起点がなかった。熊元が前線でいい動きをできるようになっているが、点取り屋を作っていきたいと思っている。

麦田和志−Voice 大阪体育大学・麦田和志(MF・主将)
 流れが良くてもたたみこめんくて、得点が入らなかった。あの時間帯、あれだけ攻めて得点ができず、決定力のなさが出てしまった。後半の立ち上がりに取られて、相手のペースになって、攻められていた。トーナメントなので、内容が良くても負けたらしゃあない。勝たんと意味がないです。これから秋に向けて、個人のレベルアップもだけど決めるところでしっかり決める力と立ち上がりの集中をつけたい。中盤を支配できていたら、今日でももっと圧倒できていた。しっかりレベルアップして、秋リーグに臨みたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。