2006年06月04日

【06関西選手権】決勝戦/立命館大−関西大 監督・スタッフコメント

第35回関西学生サッカー選手権大会 決勝戦・立命館大−関西大の監督・スタッフコメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 前半、この春で一番の出来やったと思う。ゲームへの入り方、暑さの中でのDFのイメージ、ボールの動かし方と人の動き、それがシュート数にも得点にも表れた。後半の入り方も良かったが、関大GKのファインプレイもあって、決めきれないときに得点をやってしまった。関大が相手なので、むやみに取りに行ったり、1人で仕掛けたりせず、チームでDFのイメージを持てたし、攻撃での人とボールの動きもものすごく良かった。内容的にはとても良かった。ただ、交代のタイミングの部分は、僕の反省点。選手は交代で入ったヤツも含めて、十分プレイをしてくれた。シュートの決定率は大臣杯に向けて頑張ってもらいたいところだけれど、今日のプレイを成熟させてもう一段階いいイメージでゲームを進められればいい。

−Voice 関西大学・川端秀和監督
 立命の迫力に前半は圧倒されていた。しんどい試合だった。立命は力があるので、楽には勝てないと思っていた。後半は相手もばてると思っていたし、うちの方が走りきれる力がある。なんとか1点取ってくれると信じていた。ハーフタイムには、まず失点しないようしっかり守って、チャンスをものにしよう。45分でダメなら、延長があると話した。延長で決着をつけようと思っていたその通りになった。相手が疲れてきたころに、足の速い川口を投入したのが、上手くはまった。サイドが頑張ってくれて、攻撃のリズムも良くなってきたのが、この大会での得点につながっている。

−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 前半はほんまに悪くて、4、5点いかれてもおかしくなかったところを、GKに救われた。内容は散々まではいかないけど、よう勝ったと思います。前半に2−1に出来たので、ちょっと落ち着いたが、気負っていたのかもしれない。ちょっと冷静さを欠いていて、守備から崩されていた。不用意に出したパスを拾われて苦しくしていた。これしたらあかんというプレーをもっと感じてやらないといけない。後半には向こうも足が止まってきたし、同点になればわからんなと思った。ゲームの相手でやり方を帰るのではなく、自分たちの変わらない部分を持ちつつ、相手のサッカーに対応していける試合巧者のところをもっと身につけていく必要がある。

関大イレブンの優勝コメントはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。