2006年06月11日

【06春季リーグ】1−2部入替戦第1戦/関学大−関外大 監督・選手コメント

第16回関西学生サッカー春季リーグ 1−2部入替戦第1戦・関西学院大−関西外国語大の監督・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 立ち上がり厳しくプレッシャーをかけていこうと話していたが、気持ちのせいなのか、暑さのせいなのかは分からないが、動けていなかった。前半はしょうもない中盤のミスもあり、イライラさせられる展開だった。後半になって、町田も落ち着きだしたので、(上村)晋平のサイドを破れるからサイドを使えと指示をした。向こうも弱ってきていて、サイドを使ってへたってきた。真ん中へのパスが増えていたが、もっと早くからサイドを使っていけた。関外大は7番、8番に持たしたらうまい。ミスからいい状態で持たれて危ない場面を作られていた。前に行こうという士気がまだ少ないのが、1点しか取れなかった要因。シュートの気迫が感じられない。何が何でもという気持ちをこめてシュートのトレーニングをしないと、試合でゴールに結びつけることはできない。

北野雄志−Voice 関西学院大学・北野雄志(FW)
 前半、メリハリのない攻撃が続いていたので、後半頭からいくかもということだったので、気持ちは入れていた。ゴール前がお前の仕事(する場所)だからと監督から言われて、そのゴール前で仕事ができてよかった。今日はFWが得点を入れたかった。リーグが終わってから、どんなんでもいいからという意識を持つようにしたのが、今日の泥臭いシュートにつながった。前半から打てるチャンスはあったけど、枠に決める意識が足りなかった。決められていたら、楽なゲーム運びができたと思う。プレスはもっといけると思うので、次の試合では前からどんどん行って、簡単にはたいてそこをFWが決めます。1週間、気を引き締めて、勝つという気持ちを持って練習したい。

−Voice 関西外国語大学・山本達也(MF・主将)
 普通にやったら相手のほうが上だから、我慢してうちのサッカーをやれたら、チャンスがやってくる。そこで得点を取れたらいい試合になると考えていた。前半はある程度ボールを運ぶことが出来たが、ラストパスまで行けていなかった。最初は我慢していたのに、後半になって足が止まってしまい、相手ペースになってしまった。セットプレーとDFのウラへのボールは、リーグ戦からの課題。今日もそこをつかれてしまった。僕らのチームは監督がいないので、僕も本来ならスタメンなんですけど、第3者的にゲームを見る人が必要なので、今日はサブに入って、チームを見ていました。相手のシステムや選手の特徴といった情報もなかったので、今日の試合をしっかり研究して、来週はやっていこうと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。