2006年07月02日

【06総理大臣杯】1回戦/静岡産業大−東京学芸大 監督・スタッフコメント

第30回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 1回戦・静岡産業大−東京学芸大の監督・スタッフコメントです。
−Voice 静岡産業大学・三浦哲治総監督
 相手は守備のチームなので、前半なかなかあけさせてもらえず、学芸ペースで行ってしまった。先に2点やってしまったのが痛かった。ああいうところを決めてくるので勝負があった。トップ下の選手がケガをして出られず、前半4枚でやったがしっくりいかなかったので、後半はシズテムを変えたのもあってリズムを取り戻せたが、得点がちょっと遅すぎた。もうちょっと早めに点を取れていたらもう少し違ったろう。安定感がないので、ミスが出てしまう。パワーがない分、現状ではこういうゲームになってしまう。最近は、前半か後半かどちらかが良くて、どちらかが悪い。帳尻が合わせられればいいのだけれど、負けるときはこんなもの。これから頑張ってもうちょっといいチームにしていきたい。

−Voice 東京学芸大学・檜山 康監督
 前半の貯金が効いたという感じ。厳しい試合だった。関東はずっと涼しかったので、気温が高い中でのゲームをこなしていない。交代に関してもこの状況を判断しかねて、厳しいヤツから変えていったら、交代枠を使い切ってからああいう状況になった(坂本が負傷し、10人となった)。消耗戦の中での戦い方は私にとって勉強になった。前半は中盤で支配できる状況が多く、落ち着いてつなぐことができた。後半はワンタッチだけでなく、幅を使われて大きくボールを動かされる状況を作られてしまったのもDFが疲労してしまった原因だろう。DFの要である鈴木博之が次の出場が厳しい状況だが、経験のあるオプションがあるので、それで対応するということになると思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。