2006年07月05日

【06総理大臣杯】2回戦/東京学芸大−早稲田大 監督・選手コメント

第30回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 2回戦・東京学芸大−早稲田大の監督・選手コメントです。
−Voice 東京学芸大学・檜山 康監督
 前から行こう、ワイドに展開されてもそこを抑えてやっていこうという狙いが、いいリズムでできた。前半残り15分は引いてしまい、押されてプレッシャーもかからなくなっていた。後半は疲れもあるしどうかと思ったが、立ち上がりが良かった。一生懸命前に出て行ってやれた。志連は久しぶりの先発起用だったが、思い切ってやれていた。前からいける志連で出来るだけ行かせて、相手に制限をかけてボールを取られてもいいボールを配給させないようにプレッシャーをかけさせることができていた。攻撃の形を作る状況にはなっていたが、外していると流れが相手に傾いてしまう。そこをよく持ち直してチャンスを作ってくれた。点数的にはもう1点とれれば良かったかもしれないが、1点差ということで集中してよかったのかもしれない。今日は1対1の制限をかけるというのが良くできたし、相手に準備をさせなかったことが大きい。自分たちのサッカーを90分間やり通そうとしてくれた。やれない相手ではないというのはリーグ戦で戦った選手たちが一番感じていたと思う。次は坂本もケガをして、厳しい状況ではあるが、信用して選手を使うことが大切だと感じている。

瀬田貴仁−Voice 東京学芸大学・瀬田貴仁(MF)
 相手のキーマンである兵藤をどう止めるかというのがポイントだったので、ダブルボランチを組んでいる渡邊にマンツーマンでつかせて、兵藤からの攻撃を止めよう。そこで前に僕が出ていこうというところで上手く点を取れた。前に出て行くのは得意なので、いつも得点をとったような動きはやっている。前半は暑さもあって、だんだんプレスがかかんなくなっていたが、後半涼しくなってきてプレスもかかるようになった。後半はツートップの片方を落として、鈴木修人を止めて、兵藤を僕が見て、渡邊が山本を見るというのが上手くいった。DFラインから蹴らす分には、うちのDFがとめてくれる。DFを信頼して前でしっかり守備をしようと思っていた。きつい時間もあったけど、声を掛け合って上手くやれた。早稲田には2年前に7−0で負けていて(総理大臣杯関東予選)、その悔しさがあって絶対に負けたくなかった。気持ちがひとつになって守り通せたと思う。準決勝は坂本さんがケガをして、守備で不安もあるけれど、前からのプレスをしっかりやって、相手にサッカーをさせないようにしたい。どちらがきてもうちのサッカーをするだけです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。