2006年07月05日

【06総理大臣杯】2回戦/立命館大−駒澤大 監督・選手コメント

第30回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 2回戦・立命館大−駒澤大の監督・選手コメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 駒澤相手に立命館のサッカーを貫いたことに意味がある。蹴りあいになったら相手のサッカーになってしまう。そこで自分たちの色を出すことが出来た。跳ね返してセカンドをうちが取ってつなぐというところで、根負けせんかった。目標としている相手なので、10人になっても逃げずに、戦ってくれたことは大きい。選手たちがゲームを作っているという感覚があるうちは試合を捨てないし、それが勝ちにつながったと感じている。選手たちがこの感覚で次に臨めば、いい結果がついてくると思う。守備でも踏ん張りがきいて、ボールも散らせる福本を投入して、福本を置いて高橋、海野の中盤3枚で2トップにした。ああいう局面で攻守の頑張りがきくのは海野。ドリブルでPKを取ってくれたのはあいつの勝負強さだと思う。とにかく選手が良くがんばった。これでPK勝ちしても優勝したわけではない。とにかく目先の試合を一つ一つ勝っていくことが大事と思っている。

修行智仁−Voice 立命館大学・修行智仁(GK)
 僕自身、めっちゃ集中していた。駒澤だから負けるのではという気もなかった。辛抱してDF4枚とGKで声を掛け合って集中していた成果だと思う。失点の時はとにかくDFライン全員に切り返させるために声をかけた。後悔は後でいくらでもできるから、先に切り返させるようにした。10人になったけど悪いイメージはなかった。リーグ戦でも10人のゲームは経験して、追いついているし、福本が入ってみんなに米田さんの考えも伝わった。とにかく一瞬でも切れないようにずっと声を出して、攻められている逆サイドのサイドバックが一番見えているので、そいつに声を出させた。DFラインは下の回生だけど、みんなが声を出してやってくれてついてきてくれた。巻のヘッドにも伊庭が身体を張ってよくカバーしてくれたので、僕に100%のシュートは、1対1の場面以外は来てないです。PKは止める自信はあったんですけど、みんながよく入れてくれて感謝してます。次に負けたら意味がないことは全員わかってる。この結果はおいといて、どれだけ準決勝を集中して戦えるかがポイントだと思う。

−Voice 駒澤大学・秋田浩一監督
 予想していた展開ではあった。相手のハーフ3枚、10、24、14が上がってくるのを、うちは中盤がダイヤモンドなので、前の中盤を一歩下げて3人に対応して、両サイドを絞ってそこさえやられなければと考えていた。PKをあたえてしまったプレーは、相手が速かったし仕方ない。その前の守り方がかぶってしまっていた。そこで跳ね返していたらなんでもなかったのだが、疲れもあって下がれていなかった。立命館はボールを持って回すのに長けているので、前で奪って後半みたいにプレーできれば良かった。リズムの取り合いになる部分で、うちがリズムを取りきれなかったのが敗因。自分たちのサッカーを立命館はやれていたし、鍛えられていると感じた。こういう結果になったのは決定力もなかったし、最後まで走りきれていない。うちは上手な選手が揃っているわけじゃないので、90分間走って戦えてなければ勝てない。慢心しているわけではないだろうが、そういう部分が弱い。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。