2006年07月10日

【06総理大臣杯】立命館大学イレブン・優勝コメント

第30回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで初優勝を飾った立命館大の選手コメントです。
湯浅隆二−湯浅隆二(主将/DF・4年)
 こうやって多くの人に祝福されて、優勝したという実感が湧いてきました。今日の試合は決勝という意識はなく、普通の公式戦の1試合で自分たちのサッカーをすれば結果はついてくるものと、いつもと同じスタンスで臨んだ。今年の幹部は役割もみな違って、高橋はプレーで、修行はDFで、西野は雰囲気でみなを引っ張ってくれていて、僕は精神的なところを請け負っているという自覚はある。その役割分担の中で引き締めて持っていくことが上手くいったかなと思う。いつもどういう言葉がみんなの胸に響くかを考えて、言葉を選んで話すようにしている。まだ出来ていないこともあるし、危機感もあるので、優勝しても次に言うことも頭にある。今回は勢いと運が半分で勝ってきた部分もある。これからは王者と見られてプレッシャーもかかる中で、どうやって勝っていくか、その中で勝っていくことで真に強いチームになれると思う。

修行智仁−修行智仁(GK・4年)
 日本一ってどんなんかなあと思っていたけど、こんな嬉しいんやという気持ちです。今日は早い時間に2点取れたのが大きかった。相手の守備が堅いし、3バックと両サイドで5バック気味になるときがあるから、それで守られたらキツイ。先制して、福大も前に来るしかなくなったので、大きかった。1点は取られてしまったが、相手もボールも見れてしっかり集中できていた。DFも寄せてくれていたので、いいセーブをしたというか、止めれるボールをしっかり止めたという感じです。僕らがつなげばいい時間帯を作れて、得点まで持っていけるというのが、大会の中で試合を重ねてわかってきた。それをうまく生かして、短期決戦を勝ちあがれたと思う。僕らは追われる意識はない。やることをやるのが大事だし、そのためには自分たちのミスをもっと減らす必要がある。勝ちに貪欲に踏ん張るところは踏ん張ってといけるようにしたい。どっちに転ぶかわからんゲームで、日本一になった。これからもそういう試合をこっちに持ってこれるよう、細かいところをしっかり詰めて、また冬に日本一になりたい。

西野誠−西野 誠(MF・4年)
 去年のインカレでは、僕がPKを外して負けたので、今日はホッとしました。嬉しいです。先制したので、後ろは試合展開的には楽になった。だけど、相手も前に人数をかけてきたので、セカンドを拾うのに向こうのほうが有利になってしまい、取ってからもパスミスが目立って押し込まれてしまったことは課題です。ハーフタイムには、相手のプレスもきつくないから、ボールを持つ時間が長くなっているので、もっとシンプルにはたいて、周りが動いてサポートしようと話したが、福大も押し込んできたので上手くいかなかったように感じている。どこが相手でも自分たちのサッカーは出来るはず。ミスの部分を減らして、DF面での戦術を詰めていって秋にはもっと立命のサッカーを発揮していけたらと思う。

海野創−海野 創(MF・4年)
 優勝は感無量です。自分が決めて勝ったというのも最高です。今季はこれまで得点がなかったし、大舞台で取れて、嬉しかった。僕は途中から入ることが多いので、負けている時は攻める姿勢で、勝っているときは守備をまずしっかりして、チャンスがあれば攻めにいくことを意識しています。今大会は体調も良かったし、勝利のためのプレーをとにかく考えていた。王者になったからと受けずに、これからもチャレンジャーとして初心に戻って、リーグとインカレを戦っていきたい。個人的には点に絡む動きをもっとしたいし、スタメンでも使ってもらえるように頑張りたいです。

深水章生−深水章生(DF・3年)
 優勝してちょっとうるっときました。嬉しいです。2点先制したけれど、(関西選手権決勝では)関大に前半1点やられたことが響いてきたので、今日は前半無失点で行こうと集中していた。後半も、次の1点が勝負になるから、さらに集中の意識を高めてDFはやっていた。失点の時間帯は立命のサッカーができていなくて運動量が減っていた。もう一度自分たちのサッカーをやろう、回していこうと、2−1になったことで守りきるではなく、攻めようという意識にみんながなった。それが最後の3点目につながったと思う。僕が1回のころは、チームの守備の意識がばらばらで失点も多かったが、FWからしっかりコースを限定して守備を出来るようになった。練習の中でも意識して取り組んできたことが身について、身になった。全国大会でも相手選手の秀でている部分は感じたが、やられたという意識はないし、できるという自信が大きかった。優勝したことで天狗にならず、初心に戻ってチャレンジャーとして、しっかりやっていきたいです。

武宮雅純−武宮雅純(DF・3年)
 今まであんまりクロスを上げていなかったので、意識してあがっていったことで、結果が出て良かった。あれで入ったのでチームがのれたと思う。2点差があったので、焦って攻める必要はなかった。(関西選手権の)関大戦のようにしないよう、しっかり守ることをDFは話し合った。リーグから立て続けに失点してしまうことがあったので、とられたことはしゃあないから、その後をいかに守るかというのを確認しあった。相手を勢いづかさないためにも、身体を張ってしっかりやろう、守備の意識をさせてから攻めようと集中した。ロスタイムに得点してくれて、だいぶ楽になりました。秋のリーグでは、目標とされる立場になるが、そこで負けていたら上にはいけない。天皇杯もあるし、大学レベル以外でもどれだけ通用するか楽しみだし、それを生かしていきたい。強いチームでも日本一にはそうそうなれないし、いい経験ができたと思います。

永田亮太−永田亮太(MF・3年)
 全国優勝は初めてだし、ひとまず良かったです。(先制点は)入れる気で飛び込んでいった。いいボールが上がってきたので、入れるだけだったが、気持ちで入れたという感じです。今日は暑かったが、決勝戦ではそんなんゆってられないし、必死で動いた。早く2点とって、みんなが気持ち的に余裕が出たのが、逆に福大に押し込まれる原因になってしまった。2−1になって、得点を取ろうという気持ちになったが、2−0の時点でそういう姿勢でやれていたら、もっと簡単に勝てたし、そこで3−0に出来るチームにしていかないといけない。リーグの最初はDFばっかりになっていたが、だんだん攻撃も出来るようになり、バランスが良くなったから、トップまで来れたと思う。まだ気持ちに不安定なところもあるし、シーズンはまだ半分しか終わってない。秋、冬の大会に向けて、集中して練習に取り組んでいけば、勝てるチームになると思っている。

朴世訓−朴 世訓(MF・3年)
 調子の悪い時もあったけれど、監督がずっと使ってくれていたので、監督を日本一にしたいという気持ちがあった。優勝できて嬉しいです。(得点は)白井が持つと、常に開くというイメージがあるので、そこにいいボールが来て、決められて良かった。関西選手権の決勝では、前半2点取ったけれど、あと1点が入らずに結果的に負けてしまったので、その教訓を生かして、もう1点とろうという気持ちでやっていた。ミスが多くて悪い形で取られてしまったので、集中しなおして自分たちのサッカーを信じてやろうと切り替えたことが良かった。日本一になったけれど、関西での大会だし、関東でインカレで勝ちたい。課題も見えたし、もっと立命館らしいサッカーを見せていけたらと思う。

古部健太−古部健太(FW・3年)
 長い笛が鳴ったとき、本当に嬉しかった。前半、ぽんぽんと2点入ったけれど、うちのサッカーが出来ていたわけじゃない。自分たちのミスもあったし、運動量が少なかった。ハーフタイムにも、いい雰囲気じゃないし、立命のサッカーをやって優勝しようと話し合った。2−1にされたことで、スペースが出来たのもあり、前半よりも攻める形が出来たが、まだ課題はある。今日、勝つことで次につなげられるが、満足はしていない。個人的には、総理大臣杯でここまでシュートを積極的に打ってきたけれど、今日は打てなかったことが課題です。森井が貪欲にシュートの形にもっていっているので、そういう部分は見習うべきだと感じている。レベルが高くなると余裕がなくなってしまうが、がむしゃらさだけでなく、もっと動きの質も上げたい。高いレベルで試合をして、1試合ずつ成長していきたい。うちは受けてたつサッカーじゃないし、アグレッシブさを忘れんと、夏の間に戦えるチームに成長したい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。