2006年09月11日

【06秋季リーグ】第1節/関西大−大院大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第1節・関西大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 勝ったけれども内容は全然。個人の能力で入れられた得点で、崩しきって入れていないのが問題。そこをもっと改善するために流れを変えたいと思い、交代のカードを切った。出た選手は良くやってくれた。森も前でよく動いてくれたので、阪本をフリーにさせることができた。先手を取られている試合が続いているので、変えていかなくてはダメ。大事にしようという部分から来る遅れなのか、思い切って行こうというところがない。取られれば行くけど、リアクションすぎる。もっと自分からアクションを起こせるサッカーをしていかなければいけない。

松田智志−Voice 関西大学・松田智志(DF・主将)
 ボールが動くのが少なく、人も動かない。止まった形でボールを動かしていて、面白くないサッカーをしてしまった。後半になって相手の足も止まってきたので、いい形も作れたが、エンジンがかかるのが遅い。強いチームとやるときには、先制することが大事になってくる。このところは、パスをつないで相手をへばらせてから、入れるというのがパターンになっていて、そうではなく自分たちのリズムでやれるようになることが課題だと思う。最初から3点を取れる攻撃が出来ればもっと楽に勝てた。運動量が足りないし、ボールも動いていないので、アプローチを早くして、DFラインを高く保ってやっていけるようにしたい。天皇杯があるので、日程的にしんどいところもあるが、たくさん試合をすることで集中を維持できると思う。

阪本晃司−Voice 関西大学・阪本晃司(FW)
 良かったのは勝ったことだけで、内容はダメだと思う。前半はみんなていねいにとウラじゃなく足元にいきすぎて、攻めきれずに形が作れかった。先にとられて行かなきゃとなって、スペースに出て関大らしいボール回しも出て来て、逆転できて良かったです。行こうってなっているけど、どっかで一人一人が確実なプレーになってしまう。もっとスペースに流れて中盤で厚くして狙っていこうとハーフタイムに話し合って、後半途中から、その狙い通りのボールが入ってくるようになった。秋は4回も最後だし、優勝したい。僕も4回生には世話になってるので、優勝に貢献できたらと思う。

−Voice 大阪学院大学・高間 武ヘッドコーチ
 理想的に得点が取れたが、1−0で関大に勝てるとは思わないので、あの時間帯にもう1点取れていたら違った。前半は開幕戦の緊張もあって、大事にしてしまうというのもあったと思う。プランどおりに得点できたけど、肝心なところで足が止まってしまった。苦しいところだけど、ここは止まってはいけないというのを感じて、もっと追いかけていかなくては。春よりは進歩の部分も多かったが、それを90分出来ないと勝てない。うちは全員が頑張らなくては勝てないチーム。組織としての連動なくしては勝つことは難しい。次の近大には春は大敗しているが、選手たちもそういうことをしっかり感じて、3週間準備をしないといけない。

上田貴典−Voice 大阪学院大学・上田貴典(DF)
 めっちゃ、へこんでいます。先制点を取ってくれたのに、0で終われないのが弱さだと思う。夏の間走りこんでいたので、後半にも自信を持っていたのに足が止まってしまった。ボールをまわされて中盤からうしろが後手後手になって、サイドからの攻撃で入れられてしまったことが課題です。ちょっとずつ遅れてDFしていたので、トップとDFとの間が間延びしてしまい、関大のキープ力があるボランチ2人に展開されてしまった。最悪1−1で終われていたら違ったけど、取られ方もミスからだったので、気持ちに堪えた。春に比べて攻撃ではつながるようになってきたので、攻め込まれた時のフィニッシュのところで慌てないようにしていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。