2006年09月11日

【06秋季リーグ】第1節/近畿大−京産大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第1節・近畿大−京都産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・西村 崇コーチ
 勝ったけれども攻撃では物足りなかった。自分らでしんどくしてしまって、最後まで崩しきれていない。片山が抜けた場面でももう1人サポートして、2対1の状況を作れていたら、得点できていた。攻撃でも守備でももっと判断を大切にしていく必要がある。ボールを持ってるやつと、それに対するサポートで選択肢を増やすということを一人一人が判断していくこと。守備でも危ない場面を消していくという判断が大切。その判断の質をもっと上げていきたい。今日も春にはなかった、遠くゆるいパスで相手を食いつかして、ウラのスペースに入るという動きが出来ていた。そういう判断を生かした部分が次も出来たらいいと思う。

片山真人−Voice 近畿大学・片山真人(FW)
 開幕ということで、浮き足立っている部分もあったが、早い時間に取れたことはよかった。1点取れてそこで安心しすぎて失点してしまったが、時間はあったので慌てないでいこうと話していた。僕もチャンスを決められなかったし、しっかり決めていたらもっと楽に勝てていたと思う。無意識で相手を受けてしまっていたところがなかったとは言えない。前半は調子も良かったが、後半には相手に押し込まれて自分らが思うようなサッカーができていなかった。追いつかれてすぐに取れたことは成長できたところ。これまでなら取られてキレていたのが、焦ることはないと落ち着いて出来た。最後に押し込まれるのはわかっていたし、そこでしっかり守って勝てた。春は勢いで優勝できたが、秋はもう一度チャレンジャーとして戦っていきたい。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 もっとチャレンジしていかなくてはいけないところで、消極的になって点を取られてしまった。追いついてすぐにまた取られたりと、入れた後の時間帯で精神的なところが露骨にでてしまった。ただ、後半は近大も足が止まっていたし、こちらの方が90分走りきることができたので、そこはいい意味でのモチベーションとしたい。FWはどうしても桜井頼みになってしまっている。もう1枚ストライカーがいれば、取れるチャンスはあった。選手層の薄さが出てしまった。1回生には走れる動ける選手が多いので、投入していった。彼らにとって経験で終わらずに、結果という形を残していきたい。次は立命館なので、走って勝てるという相手ではないと思うが、前回の対戦とは違う結果を出せたらと思う。

古里純一−Voice 京都産業大学・古里純一(DF)
 立ち上がりの5分とか、取った後の時間帯で失点が多い。その部分が相手との差、勝てるチームとの差だと思う。取られた点はどれもパスミスからなので、集中力が足りないと感じた。フィニッシュでの集中力、マークの時や止める時の集中力がないことが課題。春が終わってから、勝つために走りこんできたので、走れることがチームの前提になっている。技術では他のチームよりは落ちるけれど、相手がバテた後にも走れれば、押し込める時間帯も出てくるし、今日も走れていた。最近の練習では激しくいけていないことを本並さんにも指摘されている。言われているのは意識の低さだと思うので、そこをしっかり上げて、次の試合に臨めるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。