2006年10月01日

【06秋季リーグ】第2節/大体大−阪南大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第2節・大阪体育大−阪南大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 今日は「ちくしょうっ」っていう試合。2点とって勝たないと。取られ方がバックパスをDFとGKで迷って奪われて失点したので、余計にショックも大きかった。あの1失点めがすべてですよ。2−1でリードしているのだから、跳ね返してもうちょっと落ち着けばいいのに、若いチームなのでそこで気持ちを切り替える強さがない。前半耐えて2−0にしたから、完全にいけると思ったけど、負けに等しい引き分けです。苦しい中で4回生を投入したが、うまくムードを変えられなかった。次まで間が空くので、チーム作りが出来ていい。どんなチームとやってもやれるという手ごたえは出てきたが、勝ちに繋げる意識を持っていかないと。今日みたいな展開になると弱い。いい相手とやって力をつけていく必要がある。

西谷良介−Voice 大阪体育大学・西谷良介(MF)
 向こうが僕たちを研究していたので、前半は自分たちの特徴を出しにくかった。相手ががつがつくるのは最初の15分だから、そこで失点をしないこと、その時間帯をしのいだら自分たちのペースになるから点を取りに行こうと話していた。得点した後、いけいけになって前がかりになってそのギャップを上手く使われて、ミスから失点してしまい、余計に相手に勢いを与えてしまった。2点がセイフティ(リード)じゃないのはわかっているが、それをプレーで表せない。グラウンドで考えるプレイヤーが少ない。他のチームに比べて天皇杯やインカレで経験を積んでいないから、相手との差が埋められていない。練習中から集中しきれていないし、負けなければいいと思っているヤツが多い。そこを変えていかなければ。ミスからの失点は修正していけることだから、しっかり練習で修正して、粘り強さをつけたい。

−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 3週間休みがあったのに、熱やケガでメンバーが揃って練習できていない。やりくりでやっていくしかない。先手を取られてプランが狂ってしまった。ボランチがケガでピッチを離れたのが大きかった。交代させるか迷って、ふんぎった瞬間の失点だった。負ける気はしなかったけど、出会いがしらのああいう失点はきつかった。前半途中から、トップが受けられなくなって、木原と森山でポイントを作れず、山下も前を向けないという状況で、ボランチがボールを出してもトップが競り勝てない。速攻のチャンスでも最後の場面で相手を交わしきれない脆さが出てしまった。あの程度のプレッシャーをはねのけなければ、全国大会(出場)はない。

松岡亮輔−Voice 阪南大学・松岡亮輔(MF・主将)
 プレスに行ったら、相手がファーストタッチをミスったので足が出た。ゴールは狙ったというより、思い切り蹴ったという感じです。今日は苦しい展開で、相手のプレスが速くてこちらの攻めが遅かったので、攻め手がなかった。相手の1発のボールから取られて苦しかったけど、僕の得点でみんながのってくれたのはよかった。交代選手も結果を出してくれた。簡単に負けられないというみんなの気持ちがあったと思う。立命館の時も、決めた後すぐに取られたり、今日も2点取られてからようやく火がついた。そういうちょっとした甘さがある。もっと最初から、90分トータルでやらないといけない。リーグで勝っていないけど、負けていないのでポジティブに次の桃山戦に臨みたい。


posted by yasuyo KANIE at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。