2006年10月15日

【06秋季リーグ】第3節/関西大−同志社大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第3節・関西大−同志社大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 この試合で満足しているなら、優勝を目指すのは止めた方がいいと選手たちには話した。余裕を持ちすぎて上手くいかなくなってしまうというのは、点差がそうさせる部分もあったと思うが、そこをどれだけつきつめてやっていくかが重要。相手が人数少なくなっているなら、なおさらきちっとプレーできないといけない。引いている相手に守られてサッカーできなかったのが、やれるようになったのは成長だが、同志社がもっと人数かけてきたり、ブロックを作られていたらどうなるかはわからなかった。課題が残るし、まだこれから厳しい相手が続くので、そこをクリアしていくためにも、きょうはもっといい内容で勝っておかなければいけなかった。

安藤淳−Voice 関西大学・安藤 淳(MF)
 FKは昨日練習していて、その狙い通りに決まりました。4点目は、久しぶりにミドルが決まったので嬉しい。ファーストタッチで上手く前に出たので、思い切り狙ったら決まりました。点は入ったけれど、どういう流れでどういうプレーするのかというのがチームとしてできていなかった。こういう試合では、終わり方で次につながるゲーム運びをしろと(島岡)健太さん(コーチ)に言われているのだけれど、今日はそれがやれてなかった。有利な状況なのにミスから押される時間を作ってしまったのは、チームとして流れを考えたプレーをしていなかったからだと思う。余裕があるんで、一人一人がいいことしようとして、簡単にはたいてフリーの選手を作るというのができていなかった。満足しているヤツはいないし、修正点はみんな感じているので、しっかりと1週間でそこを仕上げていきたい。

−Voice 同志社大学・望月慎之監督
 受けに回ったというか、思い切りがなく、1歩1歩遅れて関大に前を向かれて仕事をさせてしまった。プレスをかけに出て行くタイミングを声に出せる子がおらず、ばらばらになっていた。前節の課題が、ラインコントロールだったので、そこを中心に2週間練習してきたが、DFの駆け引きと前の選手のアプローチ、プレッシャーが合っていなかった。桃山戦で得点した組み合わせ(木上・楠神)を2トップにしたのは、そこに入れば攻撃のバリエーションが増えるということを狙ったのだが、そこまで行くパスを抑えられてしまった。技術的には高い選手が多いので、組み合わせてどれだけ詰められるかだが、個人の個性が強すぎて、1つの形になりきれていない。お互いが自分のタイミングでやってしまって、周囲とあわせることが弱かったと思う。まだまだ一体感に欠けるので、1回生ももっと要求して、上級生は引っ張っていけるようにチームとして向上させていきたい。



posted by yasuyo KANIE at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。