2006年10月15日

【06秋季リーグ】第3節/近畿大−関西学院大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第3節・近畿大−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・西村 崇コーチ
 この前の試合はとにかく動けていなかった、公式戦という厳しい戦いであるのに、どこかに甘い考えを持っていたと思う。1試合目で勝って、その後の調整も上手くいっていたのに負けたのは甘さがあったのかなと感じた。2週間では劇的には変われないので、引き締めてやってきた。他のチームから見たら、まだ甘いが彼らなりに厳しさを持ってやれたのではないか。僕らはあくまでもチャレンジャーなんだけれど、他からはそういう見方をされていないので、ワンランク上に行くためには質も上げなくてはならないし、相手以上の気持ちが必要になってくる。そういう状況で、今日はみんなで頑張って、押し込まれたのを耐えて勝てたというのは大きい。選手たちはプライドを持ってやっているので、監督から厳しいことを言われてもそれに食いついて来てくれている。こういう勝ち方をすることでのっていけたらいい。

馬場賢治−Voice 近畿大学・馬場賢治(MF)
 大院との試合では、どこかに「いけるやろ」という感じもあった。春に4−0で勝ったので、甘さがあってああいう結果になってしまった。こないだできなかったことを中心に練習してきて、勝つという気持ちを今日は大事にした。関学は守備が強いが、3バックなのでサイドを起点にして中盤で回せていけるように狙っていた。PKを止められてしまったが、すぐに前半が終わって決められんかったことで盛り上げていこうとなった。気合も入っていたし、最後まで集中する力もあって、精神的に強くなったと思う。いいサッカーではなかったかもしれないが、前のゲームから立ち直れたし、もっと集中してやれれば上までいける自信はある。力はついてきたから、それを出せる準備をしていくことが大切と感じている。

−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 今までで一番ひどいゲーム。こわごわ総てをやっているようで、そこで相手に当たられて外され、バタバタしていた。悪いなりに0−0で前半を終われたが、その悪いリズムを引きずったまま後半に入ってしまった。ここまでの2試合では、いい時間を作れていたのに、今日は最後のごり押しの時間しかそれが出なかった。練習でも良かったのだが、何でなのか、それが試合に出せていない。一人一人が別々にボールに向かっているので、誰かが持ったときも、一人が行って他の選手は見ている。周りが見ているから、そこでチャンスを作れずに、バックパスになってしまう。あれだけミスが多かったらダメ。

金子雄太−Voice 関西学院大学・金子雄太(DF)
 最低の試合でした。練習でやってきたことが全く出せなかった。関大戦の後、ムードも良かったし、いい形でトレーニングが出来ていて、雰囲気も良かった。でもゲームの中で、ちっちゃいミスから自滅して、流れを壊してしまった。悪いリズムを変えようとしたが、小さなミスで上手くいかなくなってしまう。失点した後半の最初、1対1が曖昧で軽くなってしまっていた。抜かれるとマークがずれていってしまうところはDFとしての反省点です。チームとして、勝ちに行こうという気持ちが出ておらず、入り方もダメだった。もう一回、チームを活性化するために、1人1人が持っている役割をちゃんとやりたい。全員がそれぞれの役割を全うすることが大切だと思う。
posted by yasuyo KANIE at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25492827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。