2006年10月31日

【06秋季リーグ】第5節/関西学院大−京都産業大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第5節・関西学院大−京都産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 失点の前からちょっとバタバタしてしまった。向こうのカウンターに戻るのが遅れて、ビビッて怖がって引きすぎていた。だが、途中から落ち着きを取り戻せたので、後半はこれ以上やられるという心配はなかった。後半立ち上がり、桑原のシュートが決まっていたら、また流れも違っていただろう。シュートがとにかく枠にいかない。点が入っていないから余計にシュートに力んでしまう。ミートできていないし、打てるところで他の人に渡してしまう。勝っているチームなら、そこで打って入ってるだろう。貪欲にやれればいいけど、外すのが怖いのか、味方を探してしまう。そこでどんな形でも入るようになればいいが。それでもCFが得点したし、絶好のチャンスや惜しいシュートがあったので、攻撃のリズムはよくなりつつあると感じている。

木村哲也−Voice 関西学院大学・木村哲也(MF)
 これまでの試合に比べたら、雰囲気の変化はちょっと見られたと思う。でも僕はリーグを勝っていくための最低ラインにようやくなったにすぎないと感じている。失点しないことが、うちのプランだけれど、秋はずっと失点が続いている。勝たなきゃいけないという気持ちがあって、今日は得点が取れてよかったけれど、そこでもう1点取れないのは、チームとしての完成度が低い。もっと相手を崩せるポイントはあった。今日は出口と金子の両サイドがクロスをあげる仕事ができていたし、ペナルティエリアの前までボールを持っていけていた。でも、ゴール前で強引に行くべきところと、パスするところの使い分けができていない。前よりは良くなっているが、まだまだ勝つために足りない部分がある。勝ち点3を取るためにもう一度、その足りないところを自覚して、次は勝ちたい。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 こういうゲームになるだろうことは予想していた。関学は勝ち点3を取りに来るから、圧力かけてボールにアプローチしてくると思っていた。そこでこちらが取りどころをはっきりできなかった。DFラインとFWが間延びしてして、攻撃に時間がかかってしまい、うまく速攻にならなかった。それでも前半の30分くらいまではいい形で守備もできていたが、相手のプレッシャーが上回っていた。辛抱してまずDFからいこうとしたが、関学の動き出し、2人め、3人めの動きに上手くマークがつけず、守備のずれが出ていた。攻撃では桜井を起点にというのは、向こうもわかっていたと思う。木付が最初はうまく絡んでいけたが、だんだんへばってしまった。最後は古里を入れることで攻守ともに頑張らせたかったのだが。それでも勝ち点1を拾えたので、最低のことはやれたと感じている。ここまで5試合、桜井に頼る比重がまだ大きい。もっと全員がプッシュアップしていけば、厚みのある攻撃ができるようになる。ボランチの運動量と切り替えを早くできたら、もっと攻撃の形が作れるようになると思う。

山領真都−Voice 京都産業大学・山領真都(DF・主将)
 自分たちの課題がたくさん見えた試合だった。勝ちきれなかったけれど、負けなかったことは大きい。夏にフィジカルを鍛えなおして、疲れていてもしっかり対応できるという自信、そこで負けないという気持ちの部分が強くなったので、崩されても最後のところではやらさないというのができていたと思う。以前と比べれば、よくやっていると周囲の人には見られてると思うが、勝ちきれる試合もあった。勝ち点5は思っていたより少ない。ここから特別なことはできないけれど、一つ一つのプレーを確実にやることで展開も変わる。相手はずっと1部でやってきたチームと気後れしないで、各自がやれるという自信をもって絶対勝つという、身体をここ一番ではれるプレーをしたい。4回生が身体をはって答えを出せば、下の学年はついてきてくれる。いつでも100%でやるのを見せていれば、下は絶対ついてくると思う。1回生がそこで頑張れば、僕らも勉強になる。相乗効果で高めあってチームを向上させていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。