2006年10月31日

【06秋季リーグ】第5節/関西大−立命館大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第5節・関西大−立命館大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 前半、ペースが速すぎていたが、最後のところを崩しきれていなかった。速い流れの中でゆっくりした部分を作れていれば、もっと相手を崩せていた。その使い分けはうちが持ち続けている課題でもある。ゲームの中での緩急を作ることで、さらに面白いサッカーができるようになると思う。鳥本を入れたのは戦術的な部分もあるが、北橋が少し痛んでいたので替えたかった。こういう緊迫したゲームで出場することは鳥本にとってもいい経験になるし、実際期待していた仕事ができていた。ここまで首位で来ていて、意識するなと選手に言っても絶対に意識はしてしまう。とにかく毎試合がキーになる。そういう厳しい状況の中で、つねにゲームの中で気づく部分を作れればいいと思う。結果は欲しいが内容あっての結果だし、やれてなくて勝っても仕方ない。目指すところはしっかり見定めて、内容もついてくるようにしていきたい。

木本敬介−Voice 関西大学・木本敬介(MF)
 公式戦ではヘディングで決めたのは初めて。フリーだったし「来い」と思っていたら、いいセンタリングがきたのでよかった。ヘッドで決められたので嬉しかった。前半は思ったとおりのいい形でやれたが、後半は立ち上がりから立命のペースになってしまった。そこで守備からしっかり入って失わないようにしようとした。得点は入ったが、後半は足が止まっていたし、最後は間延びしてしまった。もっと90分、走りとおせる体力が必要と感じた。先週引き分けていたので、今日は絶対に勝ち点3を取るという意識がこの結果につながったと思う。それでも、相手ペースの時間帯に奪ってもすぐに失ってしまうところもあった。状況の中でボールをキープするのか、勝負していくかの判断をチームとして理解できるようになれば、もっと強くなれると思う。

−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 前半は入り方で、相手のいいところを消すことに注力してしまい、リアクションサッカーになって後手を踏んでリズムがつかめなかった。スタートのところで安藤を止めに行くというのを意識するあまり、対応することを考えすぎて、いいところをだすポイントがぶれてしまった。サイドをチェンジされるのはしんどいので、その出どころをつぶしにいったが、リズムの奪い合いを上手く取れなかった。その部分は反省です。前半を0で切り抜けたということで、後半はうちのいいところを出そう。45分あるのでその中でしっかり点を取ろうとハーフタイムに話した。あとは、決めなあかんところで決まったかどうかが差になった。後半はボールも人も動いてチャンスができて、縦パスも出ていたし、いいイメージのところはたくさん出ていたと思う。リーグ戦はあと4試合ある。自分らのイメージで90分ゲームを運んで終われるようにしていきたい。

高橋健史−Voice 立命館大学・高橋健史(MF)
 相手がプレッシャーもガツガツきていたし、自分たちのミスもあって、前半は繋いで支配するというサッカーができなかった。奪われたあとに上手く攻め込まれてしまい、自分たちのペースでやれず、イライラするというかミスが続いたところで、いい声が出せていなかった。後半は、まずは丁寧に繋いでミスをなくそう。繋ぎの段階でのミスをなくして、ペースをつくろうと話し合った。関大が繋がせないようにプレスをかけてくるのはわかっていたので、取られる前に簡単にはたいていくことでリズムを作ろうとした。だが、自分たちの時間帯にチャンスで取りきれず、カウンターで失点してしまって、そのあと攻めながらも得点できなかったことが敗因です。繋ぐサッカーを研究されているのは感じるが、その中でFWの足元だけでなく、ウラを狙ったりというサッカーの駆け引きの部分をもっと向上させることが大事だと思う。まだチームに波があるが、反省を一つ一つ改善して波をなくしていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。