2006年11月08日

【06秋季リーグ】第6節/桃山学院大−京都産業大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第6節・桃山学院大−京都産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 前半、自分たちのゲームの時にもう1点取れないのはうちの弱さの部分。後半、向こうが(点を)取りに来ることはわかっていたのに、弱いところが出てしまった。京産が後半にシステムを変えてきたことで戸惑いもあった。前後半とも入りの部分が大切なのに、後半はそこを徹底できていなかった。同志社戦も似たような感じだったが、あの時よりもチームとしては良くなっている。今までなら失点して、ずるずるとなってしまっていたが、今日、悪い時間帯でも1点取れたことは、これからの試合に向けて望みがあるのかなと感じている。武田を体調不良で使えなかったので、90分考えた時に池田を取っておいて勝負をかけるという形を選択した。先発の奥田も良かったし、交代した池田も結果を出したので、FWの層を考えるといいことだ。次の関大戦はとにかく挑戦者として戦う。あちらの方が力は上なので、100%の力を出して、やれることをやりたい。

金光栄大−Voice 桃山学院大学・金光栄大(MF)
 1点めは、遅れていたのでダッシュで入ったらたまたま上手くいきました。上がってきたボールが良かったです。2点めは池田の撃ったボールが角度がなかったのでこっちに来ると思っていた。上手く決められて結果オーライです。向こうが後半は点を取りに来るとわかっていたけれど、システムの変化に対応できなかったのは自分たちの甘いところだと思う。プレスは問題なかったが、中盤が間延びしてサイドにボールを散らされてしまった。そこで全員で声を出して、修正もできた。開幕戦以来、勝ちがなかったので今日は泥臭くても勝ち点3を取りに行こうというのが、いい結果につながった。ここまでの試合、自分らのミスから失点してしまうことが多いけれど、次の関大はそういうところをつかれてしまう。その部分をしっかり修正したい。自分が決めるよりも自分のパスで点が入るように頑張りたい。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 こないだセレッソとTMをやった時に上手くいったので、3−5−2に戻したのが裏目に出てしまった。両サイドが引いて5バックのようになって、アプローチが上手くいかず、相手にフリーのスペースを与えてしまった。後半は4−4−2に戻して、前の2人の動き出しも良くなり、いい内容でやれたのでもったいないゲームになった。後半立ち上がりはスペースへの動き出しを指示した。自分から動いてボールをもらうようにというのが上手くいって得点につながった。木付はスピードとフィジカルがある。点を取ったことで自信にもなったと思う。2失点目は仕方ない。クリアミスで自滅してしまった。うちは高さがないので、どうしても足元で行くことになる。そこでもう一工夫が欲しい。まだのこり3試合、チャンスはある。同志社は勝たなければいけない相手。きっちり勝てるようにしていきたい。

古里純一−Voice 京都産業大学・古里純一(DF)
 相手の速いプレスに対して前に言ったのが収まらず、前半は悪いリズムになってしまった。トップに当てようとしたが、桜井が狙われていたのでやりきれず、中途半端なプレーが多かった。追いついた後の自分たちの時間帯に取りきれないことが、毎試合の課題です。失点の前から危ないところを修正しきれず、僕自身のミスもあったし、自分らでやりきらんかった。8番(姜鉉守)に受けられてサイドに渡される、その前に取りきらないと、今日みたいな展開になってしまう。前半はビルドアップが全然出来ずに、勇気を出して回せなかった。後半みたいにボールを回せて、簡単に失わないようにすれば、攻撃の時間帯も増えて守備の時間を減らせる。僕らは守りのチームなのに、ずっと失点しているので、そこをまず修正したい。1点は絶対に取れるので、後ろがゼロで抑えることができれば、勝てる。


posted by yasuyo KANIE at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。