2006年11月14日

【06秋季リーグ】第7節/近畿大−大阪体育大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第7節・近畿大−大阪体育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・西村 崇コーチ
 前半狙い通りに得点を取れたが、後半は(体大が得点を取りに)出てくると話していたのに、取られているのは甘い、力がないところです。体大はDFをフラットにしていて浅いので、シンプルにそこをついていこうと言っていた。繋いでワンタッチで行く時にひとつ飛ばしたりと、狙い方を工夫して簡単にやっていこうというのがうまく得点に結びついた。失点した直後に3点めを取れたことで、もう一回落ち着いてやれた。今まで取っていないセットプレーという形だったこともよかった。守備のセットプレーは練習しているが、攻撃のセットプレーはあまり練習していない。それよりもチャンスをいっぱい作れるような練習をしている。追い上げられた時に、馬場も(吉居)昭治も時間やスペースの作り方がまだ下手。攻撃でまずい形で取られだしたし、相手のDFラインを押し込めない時間がなかがった。体大は前から来ていて、スペースはあったから、そこでつなげられたのにできなかった。次の桃山には関西選手権で負けたとき、僕もすごく悔しかった。だが、今回は勝つ自信もある。

馬場賢治−Voice 近畿大学・馬場賢治(MF)
 1点めのアシストは狙い通り。でもDFが触っているので、触られないようもうちょっと綺麗にいけたかな。前半終わって、2−0だったけれど、大丈夫だろうっていう気持ちがどっかにみんなあった。もう少し気を引き締めないといけないので、声を出してやろうと話していた。CKでは、うちは中(に入る選手)は背はでかくないけど、走りこんだら強いのでいいところに蹴ればOKと思っていた。ずっとセットプレーでは取れてなかったし、個人的にはセットプレーで(得点が)欲しかったのでよかったです。3−2にされて、「これでひきしまるからいいやろ」という声が出てしまうのも課題。これでいいではなく、治さないと。優勝も狙いたいけれど、とにかくインカレ(出場権)が欲しい。そのために今日の勝利は前進できた。今年は、西村さん(コーチ)も来てくれていい雰囲気でやれているし、(吉居)昭治くんたちとやれるのも今年が最後。このチームで全国に行きたい。

−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 2点めの失点がすべてですね。近大がウラに蹴ってきたのが予想外だった。あのツートップはズルを知っている。そこでうまくその2人にやられてしまった。3失点めは、CKでのディフェンスがまずかった。関大にも同じような形でやられてしまっている。みんなしんどい時に辛抱できていない。わがままなんですよ。じっくり辛抱しなければいけないときに、ああいう取られ方をしてしまう。悪くはないのだが、これくらいでいいとなっているのが、勝負に結びつく部分となっている。先制していないので、落ち着いてサッカーできていない。取れていないから落ち着きがなく、とっても取られてしまい流れが作れない。リードしていたら、押している場面で決められている。後追いのゲームになっているから、ああなってしまう。こういう試合で勝たないと強くはなれない。
posted by yasuyo KANIE at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。