2006年11月26日

【06秋季リーグ】第9節/桃山学院大−大阪学院大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 第9節・桃山学院大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 國田がケガをしたとき、ベンチの指示が遅れてしまったのが失点の原因でもある。時間を考えてもっとセイフティにきるべきだった。(姜)鉉守がいない時に、誰がFKを蹴るかという練習を昨日していたが、金光は上手く決めてくれた。いいシュートだった。前の近大戦では北江の動きが良かったし、森よりも北江の方が守備的にやれる。今日は厳しいゲームになるだろうから、SBの1枚は守備的に行こうと北江を使った。こういう大事なゲームで逆転してインカレを決めたことはチームとして精神的に成長が見えた。リーグ終盤に盛り返せた。正直、関大にやられた時は、今年は(インカレは)厳しいかなとも思ったが、選手たちが切り替えて力を出せたというのは大きい。最後の2節をいい形で終われたことが、結果につながった。

木村允彦−Voice 桃山学院大学・木村允彦(DF・主将)
 オウンゴールになってしまったときは、正直焦りました。金光のFKに助けられました。PKは、僕は蹴りたい気持ちがあったけど、FWが蹴るだろうと思ってました。そしたら、池田が「キムさん、キャプテンやろ」と言ってくれたんで、蹴りに行きました。大阪学院の上田が後輩なんで、僕が右に蹴ることを知っててGKにも言ってたらしいんです。でもしっかり決められたので良かったです。この勝利は技術とかじゃなく、みんなの気持ちのおかげだと思う。去年は最後に負けてインカレにいけず、自分も試合に出てなかったし、悔しかった。嬉しいけれど、浮かれていたら次はないので、切り替えてインカレで上にいけるように頑張りたいです。

−Voice 大阪学院大学・高間 武コーチ
 完敗ですね。後半運よく2点目が取れていたら勝てていたかもしれないけど、内容的にはサッカーになっていなかった。桃山の早い切り替えに何もさせてもらえなかった。良くなった部分もたくさんあるけれど、去年の壁を破れなかった。まだ課題が多いし、やらなければいけないことが今日の試合でわかった。選手たちはある程度自信のあった部分もあるだけに、今日の敗戦はショックを受けていると思う。阪南戦くらいから、インカレというのが見えてきて、自力で達成できるというのもあり、いつもよりもインカレへの意識も強かったろう。まだ力不足であることを認めて、今年以上に考えていかないと、まだこの進歩では足りないということです。

笹垣亮介−Voice 大阪学院大学・笹垣亮介(FW・主将)
 ここ一番に弱いところが出てしまった。うちのサッカーができていなくて、たまたまああいう形で点が入っただけ。シュートが打てていないのでリズムが作れず、後ろの選手には申し訳なかった。春に入れ替え戦を経験して、もうあんな緊張感は嫌だし、秋に同じ結果じゃあしょうもない。インカレにはまだ行っていないし、結果を残そうと意識も高くやってこれたことが、ここまでこれた理由だと思う。後輩たちには真面目にサッカーをやっていって欲しい。3回生はみんな仲はいいけれど、まだ切り替えができていないところがある。サッカーとプライベートのオンオフをしっかりやれれば、サッカーの方も結果はついてくると思う。愛媛では、試合の流れを変えられるような選手になりたい。チャンスをつかめるように、しっかり頑張りたいです。


posted by yasuyo KANIE at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。