2006年12月05日

【06秋季リーグ】2部順位決定戦/大阪産業大−大阪商業大 監督コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 2部順位決定戦・大阪産業大−大阪商業大の監督コメントです。
−Voice 大阪産業大学・佐藤慶明監督
 2年前の借りを返しました(2年前の2部順位決定戦で、商大に敗れている)。スタメンに3回生が1人だけなのだが、去年の問題点をよく理解して、みんな一生懸命要求に応えてくれている。辛抱強くやれるようになっているが、個人の局面でもっと繋ぐ判断をしないと、今のままでは苦しい。スタイルを確立した上で質を向上して行かないといけない。それでもずば抜けた子は少ない割には、チームとして形になっていると思う。前半は形も取れず、サイドチェンジが風に押されてできずに、小さくさせられて、向こうの大きな展開にやられていた。0で折り返せればいいと思っていたし、プランどおりに近い展開ができた。1点取ったアドバンテージもあり、後半は落ち着いて守ることができた。3−5−2をベースとしつつ、いろいろスライドさせていくつもり。入替戦はこのまま勢いにのってやりたい。

−Voice 大阪商業大学・中野尊志監督
 前半の決めどころを逃したのが、後半乗り切れなかった原因。かまえてしまったのか、普段はシンプルにいけているのに、難しくしてしまった。大産大が決めたようなシンプルさがうちの持ち味なのに、出せなかった。点が入った後は、向こうがシンプルに蹴ってきたので、前でプレッシャーをかけて取らないと逃げられてしまうが、それができなかった。前半入ってきたボールに競り合えてなくて、だんだんボールも上がらなくなった。もっと出来る子たちだし、そこできちっとやっていれば、勢いにのれたと思う。春は不甲斐ない成績で、秋にかける思いは4回生も強く、自分らで動いてやってくれた。負けそうな試合でも秋は、ひっくり返せる強さがあった。結果を出すのはある程度まではできる。だが、コンスタントに勝てるようになるには、普段の生活面から強くなりたい、上手くなりたいという気持ちがわいてくるような取り組みができるようにならないといけない。そうでなければ本当の意味で強くはなれない。グラウンド内外でしっかりできるようになることが、これからの課題だと思っている。


posted by yasuyo KANIE at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。