2006年12月11日

【06秋季リーグ】1−2部入替戦第1戦/京都産業大−大阪産業大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入替戦第1戦・京都産業大−大阪産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 リーグからの流れを変えないでおこうと思っていた。1点めのカウンターは典型的なうちの流れ。前半、押しながらも取れずに嫌な流れになりかけていたが、あれで変わった。セットプレーで取れたのも大きい。セットプレーから得点しようという意識はあったが、秋は初めて取れたので、自信になった。相手のミスにも助けられた部分はあった。そこが1部リーグのチームとの差だと思う。ここ(太陽が丘B)では負けていないので、うちにとってはホームみたいなもの。相手にとってはこの芝で90分やるのはしんどかったのではないか。地の利も生かせた。大産大は後半のパワープレー的なサッカーを次は最初から仕掛けてくるだろう。高さの面でもしっかり対応できるように考えたい。普通にやれば負けないだろうが、過信はダメ。0−0のつもりで臨んで、最後勝って終われるようにしたい。

桜井佑紀−Voice 京都産業大学・桜井佑紀(FW)
 カウンターだったので、日下を信じて走りました。いいボールをあげてくれたので、あとはあわせるだけでした。前半、取れそうで取れず、ヤバイ雰囲気もあったので、あの時間帯で得点できてホッとしている。攻撃の核とは自分では思っていない。僕はチームの一員で、FWというポジションなので、点をしっかりとる事を考えて、苦しい時に走って抜けて、チームのことを考えてプレーしたことが結果になったと思う。相手の中盤のプレスもあったが、ビルドアップして回せたので、逆に自分らから崩れてしまうことが多かったのが、今日の反省点です。そういう悪い雰囲気になったときに、立て直すことが重要。次の試合までの1週間、風邪を引いたら元も子もない。日々の自己管理を怠らないようにして、安定感のある試合をしたい。

−Voice 大阪産業大学・佐藤慶明監督
 人工芝の感覚とは違うので、前半はこの芝に戸惑っていた。前半は0−0でOKやったので、後半はワントップにトップ下、さらにその下にもう1枚置いて、その3角形で回せと指示をした。回りかけたところでカウンターで決められたのは痛かった。カウンターの精度が高く、技術のある選手が向こうにはいる。後半はうちのペースだったし、やられたという感がない。どっちもどっちのゲームで、決定力にやられた。ストレートを2発食らったという感じ。いろいろ仕掛けた中で1点取ってくれていれば違ったが、決定機で取れなかった。ボールを繋ぐにしても、GKがキャッチして0から繋ぐ時はいいが、自分のゴールに近いところから奪って繋ぐとプレッシャーを感じてか、上手くつなげていない。京産大はそういう部分で、飄々とやってきていた。次は何とか延長に持ち込むよ。延長に持ち込めたら、必ず勝機はある。


posted by yasuyo KANIE at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。