2006年12月18日

【06秋季リーグ】1−2部入替戦第2戦/関西学院大−甲南大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入替戦第2戦・関西学院大−甲南大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・阿部洋夫監督
 (得点の場面は)金尾がよう粘った。(上村)晋平が落ち着いてボールを上げたので、あれは入るやろうと思った。そこまでにチャンスをいっぱい作ってはいたし、一生懸命いれようとしていたが、入らなかった。今シーズンをあらわすようなゲームを、2試合やった。シュートに行くまでの精度をもっと高めないといけない。ちょっと変化をつけられるようにすれば、もう少し可能性が高くなる。この秋はリーグ頭の2連敗が痛かった。あそこでひとつでも勝てていたら、こんな内容にはなってないと思う。積み重ねてきたことに結果がついてくると、正しいと思ってやれるが、勝てないことでどこかがまずいのかという気持ちになってしまっていた。来年もいるメンバーが大きく変わるわけではない。継続してやっていけるかどうかが、来年上にいけるか、下に沈むかの分かれ目になると思う。

竹内亮−Voice 関西学院大学・竹内 亮(MF・ゲームキャプテン)
 サッカー人生で初めてのキャプテンだったので、みんなに迷惑かけんよう、自分のプレーをして引っ張ろう、出られない4回生の分も出ているメンバーとして頑張ろうと思った。結果としては勝って、いい形で終われた。自分が出れてないときに外から見ていて、リズムがいいときはボールと人が動いていたが、悪い時はミスをするにつれて、文句が出てきて雰囲気が悪くなってしまうのを感じていた。ミスしても次に続けていかないとと思ったし、
出たときにいい声を出して行けたらと考えていた。入れ替えの2試合は雰囲気的にも良く、みんな気持ちも入っていた。90分集中して声も出ていて、周りと連動してやれたので、チームとして勝利することができたと思う。チームが負けているときは、練習の雰囲気も暗くて、試合に出ている人と出てない人の温度差があった。そこで自分が出れるという気持ちでみんなが取り組めば、もっと良くなる。実際、今年も話し合って雰囲気が変わって、いい状態になった。来年は3回生を中心に、それを引き続きやって欲しいと思う。

山本悟史−Voice 関西学院大学・山本悟史(DF・主将)
 リーグでの課題がそのまま、入れ替えにも出てしまった。チャンスがあっても決められず、リーグではそこで我慢できずに入れられて負けていたが、入れ替えでは最後に取れて勝てた。交代で入った選手がいい準備できていたので、チャンスを作って得点に絡むという理想的な形ができた。自分がベンチにいたので、いい準備をさせようと思ったし、その役目を果たせたので良かった。今年は苦しい1年だったが、下級生もリーグで経験を積んできたので、来年はこの経験を生かして欲しい。それができひんかったら、今年1年はただ苦しかっただけになってしまう。やっているサッカーは前の年から変わってないのに、春はまた1からスタートになってる。今年は下の学年もたくさん出ていたし、続けてやってくれたら結果につながると思っている。

−Voice 甲南大学・桂  豊総監督
 先週のゲームは、選手が気持ちでいかれていた。立ち上がりにがんがんこられて、受け身になっていた。あれじゃ勝てないので、今週は練習でも前線からのプレスを徹底した。90分間、その辺はやれたのかなと思う。前の試合では、関学の3バックに対して前線でプレスがかからないので、今日のツートップは前からいける選手を使った。武木田は持ち味を出して、前でうまくくらいつけていたが、ケガで変えざるをえなかった。1試合目よりも前に出ていた分、最終ラインも高くなり、スペースに遅れたりする場面がああいう失点になってしまった。一つ一つのプレーで、関学の選手とは違いがあったと思う。DFのクリアでの関学はギリギリのところで入ってこれるが、うちはそこでファウルになってしまう。その違いがクリア精度にもつながっていたし、いろいろな面でまだまだ力の足りないところを感じた。


posted by yasuyo KANIE at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。