2006年12月18日

【06秋季リーグ】1−2部入替戦第2戦/京都産業大−大阪産業大 スタッフ・選手コメント

2006年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入替戦第2戦・京都産業大−大阪産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 前半、今年最低のゲーム運びで、すべてにおいて中途半端になり、どこにボールを取りにいくのかはっきりせず、その割にラインは高くなっていた。1点取られて、目が覚めるかと思っていたが、そうでもなく前半が終わってしまった。気持ちとやってることが空回りしていた。2−0というスコアがそうさせた部分もあり、あえて取りに行かずにアグレッシブさが見えなかった。後半は、ボールの取りどころをはっきりさして、スペースが必ずできるから、しっかりつなごうと指示をした。大産大が前に来るので、横へ繋ぐことでうちなりのつなぎができた。試合を重ねる中で選手たちの成長を感じたが、そこで満足してしまう子もいる。まだ終わりじゃないことを植えつけていきたい。1回生が試合にたくさん出ていたことは、2、3回生にとっても脅威だと思うし、それぞれ足りない部分を見極めて、個のレベルアップを図りたい。最大の目的である残留ができたことは、次につながる。来年以降はひとつずつ階段を上って頂点を目指していきたい。

山領真都−Voice 京都産業大学・山領真都(DF・主将)
 前回2−0だったので、先にとられると難しくなるというのはあったが、慌ててしまった。立ち上がり不安定で、精神的な甘さが出てしまった。自分らのミスから悪くなっているので、確実にやっていこうとハーフタイムに話し合って、後半は展開もできたし、流れも良くなった。追いつけたのはみんなの気持ちだと思う。1点取った後、もう1点取ろうという攻撃の意識も出てきたので、先手が取れるようになって、ゲームを優位に進めることができた。僕自身、4年間やってきて、1部残留して終われたことは今までなかった。クラブの歴史も感じたし、絶対踏ん張って残らなければと、4回生全員の気持ちも強かった。普段以上の力を最後は出せた。リーグでも積極的にミスをおそれずに前に向かえた試合は、結果が出ている。来年もミスを怖がらずにやっていければ、きっといい結果が出せると思う。

−Voice 大阪産業大学・佐藤慶明監督
 1点目を取ったところまではプランどおりだったんですけどね。今日は4−2−3−1で、サイドを突く戦術が上手くはまっていた。だが、段々とボランチのところでボールの収まりが悪くなり、ポゼッションが落ちてきてしまい、2点目をまくるパワーがなかった。あの(取られた)1点がなかったら、途中からパワープレーでいこうとも考えていた。最後は4回生を使ってやれたし、その彼らがチャンスも作ってくれたことは良かったと思う。京産大はルーズボールをしっかりキープ出来る。マイボールになるはずのボールを、さらわれてしまい、しんどさが出た。1・2回生が多いチームだが、その時々のベストメンバーで戦っているだけ。大学生活の中で自分をしっかり見つめられる選手が、来年以降何人残るかわからない。チームとしてまだ成熟していない部分はあるが、選手の戦術理解度は上がっている。ベースはあるので、これからもうちのスタイルをやり続ける。


posted by yasuyo KANIE at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。