2006年12月28日

【06インカレ】グループリーグ第3日/静岡産業大−早稲田大 スタッフ・選手コメント

第55回全日本大学サッカー選手権大会 グループリーグ第3日・静岡産業大−早稲田大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 静岡産業大学・三浦哲治総監督
 相手もしたたかだから、セットプレーでやられてしまった。先制したところまではゲームプランどおりだが、守備力も攻撃力ももうワンランク上がらないと、1−0では逃げ切れない。それは練習ではできない経験の部分だと思う。リスタートもあるし、1点は(取られることを)覚悟していたし、しょうがない。それよりも、2点めを取らないといけなかったのに、2点めを取れなかったことが敗因です。グループリーグだけど、トーナメントみたいなものだし、攻撃力がないと勝ちあがれない。守備力よりも攻撃力があるつもりだったが、1点しか取れなかった。チームとして、落ち着いて起点を作ってやっていければいいのだが、おととい(近大戦)もそこが上手く出せなかった。選手たちはやることはやったが、やりきらなかった。次に向かってやっていくしかない。残念だけどしょうがない。

−Voice 静岡産業大学・牧野泰直(MF・主将)
 トヨタカップでバルサと対戦したインテルナシオナルのように、しっかり守って、相手が繋いで来るところでパスカットできれば攻撃ができる。僕が奪って、さらに2列目、3列目もボールに絡む動きをしていけば、早稲田はついていけない。それが上手くはまって、点は取れたと思う。得点が取れないので早稲田は焦って、精度を欠いていた。ボランチのところでプレッシャーをかけていけばミスしてくれるし、チャレンジとカバーをしっかりしていこうと言っていたことが前半のような内容になれたと思う。今年は守備が弱いと言われていたが、今日は相手に決定的なチャンスはなかったので、下級生には自信になっただろう。
関東は5位でももまれているし、東海では身体の使い方や駆け引きといった部分をなかなか養えない。早稲田はサッカーを知っていて、一人一人も経験がある。後輩たちには、日ごろからもっとモチベーションを上げて、意識して自分たちでやっていってほしい。

−Voice 早稲田大学・大榎克己監督
 相手のプレスが速かったので、その中で自分たちのサッカーができることはうちにとっての課題。得失点差のアドバンテージはあったが、引き分けは狙わずにトーナメントのつもりで戦おうと話していた。先にとられることはもちろんある。早い時間だったのでまだ時間はあると話していたが、自分たちのサッカーができにくくなっていた。そこを打破するために、松本を使ったけれど、彼にはスピードを生かして、もっと崩してもらいたかった。予選を突破できた部分は褒めたいけれど、今日みたいな試合は起こりうるし、サッカーは甘くはない。選手の意識付けとコンディションを、決勝トーナメントまでにベストに持っていけるようにする。
この記事へのコメント
パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。
Posted by 100円エコPCマーケット at 2011年08月05日 07:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30444773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。