2007年01月14日

【06インカレ】決勝トーナメント準決勝/駒澤大−関西大 スタッフ・選手コメント

第55回全日本大学サッカー選手権大会 決勝トーナメント準決勝・駒澤大−関西大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 駒澤大学・秋田浩一監督
 前半はこっちが望んでいることが徹底できて良かったが、後半にはちょっと不満。守ろうという意識が働いて引きすぎてしまった。前半のように行ってほしかったし、決定的なチャンスを作れなかった。関大の縦に入るボールをきっちり抑えれば、入れ替わられなければ戻すかワンツーしかない。縦に入った次のボールにいかに反応できるかというところで、前からプレスをかけて狙っていった。前半は上手くいったが、後半もっと積極的に怖がらずにやれたらよかった。田谷は上下の繰り返しができてスピードがあるので使った。相手がバテてから勝負させるのは槍的なのがいいかと思った。八角が脇腹の筋肉を痛めているので、山崎を使ったが、その起用が先制に結びついた。
早稲田も流経も上手いし早い。正確にやってくるのでそれにどう対処できるか。技術で戦ったら交わされてしまう。出足鋭く前から行くしかない。我々が目指すサッカーを勘違いするなと選手たちには話した。決勝に進んでも泥臭く、粘り強くやることが大切。今日は後半、そうじゃないヤツが何人かいた。3連覇というより、廣井を中心に1年間やってきたことを、納得してやっていい風に終われればと思う。ここまできたら選手たちがいかに戦うかが問題。

−Voice 駒澤大学・巻 佑樹(FW)
 相手が後ろから繋いでくるので、前からプレスをかけていこう、連動するプレスをやろうという狙いだった。その中で前線がいかに頑張れるかということが大切になってくる。いい形でチームとして前半はやれていたと思う。FWなので点の意識はもちろんしていた。シュートを打つところまではいっているので、後は決定力だと思う。兄貴は関係なく、自分は自分のプレーをしたい。気持ちを前面に出して、前からDFを徹底できるようにするのが持ち味だし、それはチームとしてやっていることでもある。ここまで来たからには後は一生懸命やるしかない。応援してくれている人や支えてくれているOBや父兄のためにも、グラウンドで結果を出したい。

−Voice 駒澤大学・原 一樹(FW)
 (2点目は)DFが楔に対して身体をはって守ってくれて、そこにたまたまボールが出てきてゴールに一番近い位置にいたので、決められただけです。関大は球回しが上手いので、回されたら見てるだけになってしまうから、取りに行こう。そのためにはうちがどれだけプレスをかけられるかが勝負になると思っていた。ボールを取れて上手くいった。(巻)佑樹が身体を張って、競ってくれているからやりやすい。佑樹がいなきゃ、うちのサッカーは始まらないし、そこからみんながパスを狙っている。そこで拾っていかにゴールに繋ぐかがポイントとなる。前に入ってどんどんシュートチャンスにうっていきたい。最後の試合になるので、もちろん優勝を狙う。

−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 プレッシャーにひるんではいないが、つぶされてしまった。そこを交わすことが一番重要な部分だったのに、つぶされてしまったのは力のなさだった。ハーフタイムに、もう少し繋ぎに入るところでお互いの距離を縮めようと話した。人数は要らないし、2、3人のサポートができれば打開できる。それは選手もわかっていたことだった。DFラインと真ん中の2人の距離を縮めることで、後半は形が作れるようになった。だが、前半のうちからグラウンドの中で選手たちが対応できないといけない。状況においてグラウンドの中でいい判断ができるようになっていくことが、一番大事なところ。前半、球際の勝負になる前の部分が大事だったが、バタバタしてしまった。
負けるべくして負けたが、この負けから学ぶものをしっかり受け止めて、次につなげていかないとと思う。僕も力不足ではあった。いい部分を出せていたら結果は変わったが、受け止めないといけない。

−Voice 関西大学・松田智志(DF・主将)
 前半2失点したのが、すべて。プレスが速い中で、どれだけできるかということが課題となった。競った後のボールに対する準備が足りなかった。そこを逃さずに決めてくる相手はすごいと感じた。次は来年となってしまうが、そういう相手に勝てるよう、後輩たちには借りを返してくれと話した。入学した当初は、こんな高い舞台で自分がやれるとは思っていなかった。東京まで、応援に来てくれるやつらもいて、全員で勝ちを目指すチームができた。出たヤツが精一杯頑張って、応援に応えて妥協せずにやれた。それはこの大学の4年間だけでなく、これから社会に出ても大切になってくることだと思う。僕らはこれで終わりで本当に残念だが、それ以上にいいチームでやれたことは良かった。今日も後半は負けてへんし、関西のサッカーはいいと思う。自信を持っている部分を貫き通して、いい戦いがをできたらいい結果につながると思っている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。