2007年02月24日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西B−スタッフ

関西選抜Bのスタッフによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
島岡健太監督−島岡健太監督(関西大学)
去年以上の成績を収める。時間をかけられない分、はっきり見えるところを早く修正するのが難しい。一人一人がいろんなところをもっと整理して、もう少し個人の仕事量を増やして、一皮むけて殻を破ってほしい。


佐藤慶明コーチ−佐藤慶明コーチ(大阪産業大学)
GMです。監督と選手がやってくれてるので、島岡監督の手伝いしか考えていない。ベッケンバウアー時代のオジェックのように、マーカーを置くだけです。



樫野哲也トレーナー−樫野哲也トレーナー(滋賀ローリング療法治院)
選手がプレイヤーとして人間として、島原で“輝く”ことのできるようにしっかりとケア、サポートしたいと思います。 by カッシーノ。




藤原佑輔&前田慎太郎−藤原佑輔(主務/甲南大学・左)
GMに叱られてます。選手が楽しくリラックスできるように頑張ります。
−前田慎太郎(副務/大阪学院大学・右)
万全の状態でいけるよう、陰ながらサポートしたい。短い時間だけど仲良くなって、これからみんなが関西サッカーを盛り上げていってほしい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。