2007年02月26日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西A−MF

関西選抜AのMFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを選抜でアピールしたいですか?

山川徹也−山川徹也(大阪産業大学・2年)
A1.色々なプレースピード。
A2.リーチを生かしたディフェンス。




西谷良介−西谷良介(大阪体育大学・3年)
A1.それぞれの各チームのレベルの高い選手が集まる中で、1人1人の良い所を、自分にない所を吸収して、自分のモノにしたい。それと同時に高いレベルの中で自分を出していきたい。
A2.いつも通りすること。選抜だからといって、特別な事をせず、その中で自分の特徴を出していきたい。展開力。ボールの落ち着き所。

楠神順平−楠神順平(同志社大学・1年)
A1.色々な速さ。
A2.ドリブル。




伊藤和也−伊藤和也(阪南大学・2年)
A1.レベルの高い中でサッカーをし、自分の足りない部分やレベルUPにつなげれるようにしたい。
A2.中に切り込んでのドリブル、キック、フリーキックなど。



木原正和−木原正和(阪南大学・1年)
A1.上手い人の技術を見て、勉強したいとおもう。
A2.スピード。




船津卓也−船津卓也(桃山学院大学・2年)
A1.判断の早いプレー。
A2.サイドチェンジとスルーパス。




−守屋鷹人(神戸国際大学・1年)
A1.選抜での練習や試合で、レベルの高いサッカーを学びたい。
A2.サイドなのでのドリブル突破。

金光栄大−金光栄大(桃山学院大学・3年)
A1.各選手のいい所を吸収していきたい。
A2.高さ、速さ、キックの精度。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。