2007年02月26日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西A−スタッフ

関西選抜Aのスタッフによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
松本直也監督−松本直也監督(桃山学院大学)
練習試合で点が取れていないが、FWのせいというより、DFラインとボランチに課題が多く、ビルドアップで作れていない。チーム状況は良くないが、やるからには優勝を目指します。



朴成基コーチ−朴 成基コーチ(阪南大学)
初めてAを見るので、監督と2人でいいコンビを組みながらやりたい。マルディーニ曰く、「サッカーで一番美しいのは0−0」。本大会では1−0でもいいから結果を残せればと思う。



内田靖之トレーナー−内田靖之トレーナー(関西鍼灸大学)
選手が少しでも良いコンディションで試合に出られるよう、そして選抜チームで何かを得られるよう微力ですが力を尽くしたいと思います。頑張ります。



谷崎達哉&足立貴宏−谷崎達哉(主務/びわこ成蹊スポーツ大学・左)
やるからには優勝目指して頑張ります。選手がプレーに専念できるよう、裏でしっかり支えたい。
−足立貴宏(副務/桃山学院大学・右)
去年の不甲斐ない成績に、みんな気合も入っている。こっちも精一杯選手のために働きたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。