2007年03月03日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・キャプテン:第1日コメント

関西選抜Bの監督・キャプテンによる、デンソーチャレンジカップ第1日のコメントです。
島岡健太監督−島岡健太監督(関西B/関西大学)
 1試合目は自分たちのいいような形で結構出来たし、結果も出た。この勢いでいけるかなと思ったところで、相手のプレッシャーに耐え切れず、リズムをつかむことなく入れられて終わってしまった。内容も良くなく負けているので、明日に引きずらなければいい。関東も今日の中国四国の守備の強さがある。そのなかで精度をもうちょっと意識してやれればいいと思っている。

馬場賢治−馬場賢治(関西Bキャプテン/近畿大学)
 1試合目は理想の展開で、今まで悪かった入りが良くて、いいように形も作れた。2試合目は集中しておらず、いつもより繋ぐサッカーを意識できなかった。自分たちのサッカーが出来れば違っていた。相手がガンガン来た時に、パスでいなせたら後手にならずに済んだ。ハイプレッシャーに負けたのは、気持ち負けだと思う。全員(1位になるのを)あきらめていない。関東は上手い人が揃っているが、やってみないとわからない。


この記事へのコメント
馬場くんがんばれ!
Posted by 中学校からのファン at 2007年03月03日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。