2007年03月06日

【デンソーチャレンジ】関西選抜A 監督・選手:最終日コメント

関西選抜Aの監督・選手による、デンソーチャレンジカップ最終日のコメントです。
松本直也監督−松本直也監督(関西A/桃山学院大学)
 やっとスタッフがこういうサッカーをしたいと考えていたプレーが最後にやれた。個人の特徴を出すことができた。昨日、ああいう形(終了間際に西谷がゴール)で1点取れて、ふっきれたし、入りも良かった。力のある選手であれば、20分(ハーフ)でも45分(ハーフ)でも対応できる。それが上手くいかないところが、力のなさだと思う。
チームとしては、西谷が合流できたことが大きかった。ケガで連れて行けないかと思ったが、彼が入ったことで、中盤にリズムが出来た。最初の集合の時に、最後までどういう状況になっても100%の力でやろうと話し、最後の90分のゲームまできちんとやってくれた。状況が悪い中、途中できれずにやれたことは良かったと感じている。

西谷良介−西谷良介(関西A・キャプテン/大阪体育大学)
 チームが出来上がっていない状態で大会に入ってしまい、勝たなきゃいけない1試合目を引き分けてしまった。雰囲気の悪いまま、2試合目もそのままでいい結果が出せなかった。2日目はみんなの勝ちたいという気持ちと、悪かったところを話し合ってやることをはっきり出来たことが、結果に結びついた。今日は勢いもあって、いい形で入れた。
去年(の関西Aの状況)をわかってるヤツが多かったから、遠慮せずに話し合えた。(朴)成基さん(コーチ)にも「個を出せ」といわれたが、出し切れないヤツが多くて、下を向いていた。関東Bには負けたけど、前半、自分たちでやれたという実感もあった。試合をやるにつれて、みえないところで成長できたかなと思う。九州戦のゴールは、チームとして流れの中で始めて取れて、僕の1点だったけれど、チームの1点という感じです。みんなが寄ってきてくれて、ゴールの実感が湧いた。あれでまとまったので良かったです。
体大で練習をしてるときも、去年の悔しさはずっと引っかかっていた。選抜のチームメイトも頑張っているという思いで取り組めたし、悔しさが自分にはバネになったと思います。

西田剛−西田 剛(関西A・阪南大学)
 点を取れないのは、FWだけのせいじゃないけど、FWのせいになってしまうので、責任を感じていた。うまく最後の最後に結果を残せたし、プレーの内容も今まで一番良かったのでほっとしました。20分ハーフだと時間がないから、焦って力が入っていた部分もある。90分だと余裕も生まれて、普段どおりのプレーができた。九州での大会で、親や友人も来ていたし、去年はケガばかりしていたのでいいところを見せたかった。
関東Aは、15番(高崎)が前線でタメを作って起点になっている。もっとゴールだけでなく、タメを作ってゴール前で仕事をして結果を残せるようにしたい。僕はデンソーチャレンジは初めてなので、どんな大会なのか興味もあったし、自分にとっていいきっかけになればと思っていたことが現実になった。リーグでもまた活躍できるよう頑張りたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。