2007年03月16日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.春季リーグへ向けての抱負をお願いします!

野村博司−野村博司(関西大学・3年)
A1.全国のレベルを知れた。特に関東選抜との差。
A2.フィジカルの弱さ。
A3.圧倒的な強さをみせて、全勝優勝します。



白井脩平−白井脩平(立命館大学・3年)
A1.関東とのレベルの差。攻撃の面白さ。セットプレーの危険度。
A2.不用意なファールからの失点。パスの正確性。
A3.チームをうまくまとめて、優勝争い出来るようにする。個人としては出場すること。


舩津徹也−舩津徹也(びわこ成蹊スポーツ大学・2年)
A1.ボールポゼッションのボールの動かし方や、他の地方にはどんな選手がいるか、今まで知らなかったことまでわかることができてよかった。
A2.ボールポゼッションの時のボールの動かし方やダイレクトプレー。一対一など。
A3.日本一を目指しているので、関西春季リーグ上位に入って、関西選手権、総理大臣杯とつなげること。

橋本和−橋本 和(大阪体育大学・2年)
A1.レベルの高い中でサッカーができて、自分自身の向上につながった。
A2.コミュニケーション能力。
A3.なんとか全国大会に出る。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。