2007年04月09日

【07春季リーグ】第1節/関西大−びわこ大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第1節・関西大−びわこ成蹊スポーツ大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 脆さが出てしまった。これやっていう部分は、1人1人のプレーというところよりも何か違うところにあるように感じている。それは気持ちなのか、精神的なところなのか、技術的なことなのか、幼さだったりいろんな部分。残り時間が少なくなった状況で勢いが出ているようでは遅い。去年から、負けていないということを意識している部分もあり、選手たちにとってはプレッシャーもあっただろうが、そこをプライドにして戦いに行ったと思う。持っている力を出してはいるが、出し方の部分がチームとしてどうなのか、グラウンドの中で聞こえてくる声を聞いているとまだどうなのかなという気持ちはある。こっから何とかしてやっていかなければならない。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 エースもいないし、チームワークで組織的なサッカーをするしかない。もたもたしながら1失点で耐えられた。真摯にハードによくやってくれた。僕はずっと高校サッカーでやってきたので、リーグ戦という文化を知らなかった。早く1部リーグまで上がったけれど、質が伴わないところがあった。急いで勝つことを考えたし、2・3部ではカウンターで得点できていた。今年からその部分を見直している。そうしないと1部には定着できない。これまでは一人のエースに頼っているサッカーだったが、今年は逆にどこからでも攻められる。
開幕で勝てるとは、こんないいスタートはない。ただ、今日はうちに対して無警戒だったと思うが、これからは研究されるだろう。もっとポゼッションやDFの落ち着きが必要だし、やろうとしている判断の選択がまだ少なく、応用力がないので、余裕もない。これからは勝負も内容も競れるようにしていきたい。

榊親平−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・榊 親平(DF・主将)
 最初から自分たちのペースで上手くいくとは思っていなかったので、失点しても慌てなくて大丈夫と声を掛け合った。後ろに下がらずに得点を取りに行って、得点してから引かずに前に行ったことが勝ちにつながったと思う、前に関大と対戦したときは、引き気味でサッカーしてしまい、前半だけで3点取られているので、前からいこうという考えになった。最後の戦い方はまだまだだし、もっと内容を良くしてかてるようになりたい。つなぐところはつないで、簡単に相手にボールを渡さないようにすることが大切だと思う。悪い流れの中での戦い方をしっかりと身につけていきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。