2007年04月14日

【07春季リーグ】第2節/大体大−びわこ大 監督コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第2節・大阪体育大−びわこ成蹊スポーツ大の監督コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 前半は風でどうしようもなかったが、耐えて勝てたことが今日は一番の収穫。風の影響をかわすしかなく、センスも何もない。森のゴールは指示したとおり。グラウンドが悪いので、ペナルティエリアに入ったら打てと言った。あそこは森の一番得意なコースですからね。退場が出たが、びわこの方が攻撃を仕掛けづらく、蹴ってくるだけだったので、こちらとしては守りやすかった。びわこが前に来るので、(スペースが)空いてくるから速攻の形ができたことで2点目も入った。理想的なサッカーはできなかったが、グラウンドも悪いし、風もあるので、徹底してやろうとしたのがよかった。今日の勝敗でこの連戦は違ってくるので、勝てたことは大きい。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 前半決定的なところを作ったのだが、決める力がなくチャンスをモノにできずにもったいなかった。後半の立ち上がりの集中力がないところでいかれてしまい、勝負が下手な部分が出てしまった。立ち上がりに後手を踏んだことで、精神的なダメージも大きく、リズムが取れていない。その辺が甘い。相手が10人になったときの攻め方を、頭ではわかっていても経験がないので、上手く出せていない。ボールを動かして積極的にやらないといけないのに、サッカーを知っているヤツが少ないのでほおりこんでいるだけになっていた。体大のセットプレーはわかっていたので、ある程度粘れたが、個々のDFの能力の差が最後にはモノを言った。
明日はホームで戦えるので、いかに上手く切り替えられるかが大切になると思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。