2007年04月22日

【07春季リーグ】第4節/桃山大−大体大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第4節・桃山学院大−大阪体育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 立ち上がり集中力がないのか、2点とも同じ形で行かれてしまい、しんどい。体大の蹴ってくるサッカーに対応できなかった。ビハインドになり、気持ちも体大が押せ押せになっていた。1−1で落ち着けば、また違った展開になっていたろう。池田がいなくて、FWへの出しどころが減っていたことで、攻撃に戸惑いもあった。小さなミスの積み重ねだが、体大の方が今日は良かった。反応が遅くてミスが多く、誰がじゃなくチーム全体がそうだった。今日は尾崎も出られず、4回生が一人しかいなくて、大きなゲームになるとは試合前にも言っていた。こういうことを乗り越えていかないと強くはなれない。

金光栄大−Voice 桃山学院大学・金光栄大(MF・ゲームキャプテン)
 最悪です。結果的に言ったら立ち上がりだけど、試合の中でもセカンドボールを全部拾われ、押し上げができず、やられてしまった。池田がいなくて抜ける選手がいないので、武田が孤立してしまい、起点となってキープすることができなかったので、落ち着かなかった。相手の方が動きも良くて、個々の場面でも負けていた。3連勝で浮き足立っていたところもある。優勝は簡単にはできないし、ここで負けたことはいい薬になったと思う。全員で修正して、次の試合は桃山のサッカーをして勝つだけです。

−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 相手のバックラインが低いから、クマ(熊元)は競り合いのみになっていたが、それが(山下)芳充のああいう状況を作ってくれた。2点目をすぐに取れたことが、勝因でしょう。競り合いでは、五分かそれ以下になるだろうから、競った後のボールを取られるなと試合前に選手たちには言っていた。そこで7:3でこちらが拾えて、桃山の得意なサッカーを封じこめた。桃山は10(池田)、6(尾崎)がいない影響もあったろう。みんなが西谷に頼って出してしまい、狭くなって外が使えていないことは、まだまだ課題ですね。五分の星になり、やっと戦える状況になった。次の立命戦でどれだけ戦えるかが重要。今日みたいなサッカーが出来れば、いいゲームになる。

山下芳充−Voice 大阪体育大学・山下芳充(FW)
 自分らで決めたことを出きたんが良かったと思う。失点してもやることを徹底できた。前からどんどんやるサッカーなので、後半はバテて思うようにできなかったことは課題だと思う。ここまで、負けた試合でも自分たちのサッカーはできていたが、FWで点を取れてなかったので、今日は取れて良かったです。今のポジションは自由に動けて、サイドにも流れられる。そこから持ち味であるスピードを生かしていける。4回生である自分たちが引っ張っていけるよう、練習から意識高く声を掛け合って頑張っている。まとまりもあるし、このチームで全国に行きたい。立命館には苦手意識はないし、点を取っていることも多い。自分たちのプレーを徹底できればどこにも負けないと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。