2007年04月29日

【07春季リーグ】第5節/関西大−大院大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第5節・関西大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 これが今の関西大学です。(前節の勝利で)のるものらないも、僕を含めて全員が、もっと現実を見つめないといけないし、それをゲームの中でどう表現するかだと思う。ここからまた何をするかというところだと思う。先週勝ったからそれですべてがいい方にいくわけではない。勝ってももっと求めないといけない。みんな悔しいと思っているけど、負けたくない、かちたいという本質的なところをどう表現するかは難しいし、表現できたら勝てるというわけでもない。いろんな個性ある選手がいて、上手く回ればというのを待っていてもしかたない。もっと一人一人が自分に強くならないとダメ。覚悟がないから中途半端になっている。逃げてばかり、言い訳ばかりでは変わらない。

−Voice 大阪学院大学・藤原義三監督
 連敗が続いていて、累積で出場できない選手もいたし、前節から3人入れ替えたことで、流れを変えたかった。練習マッチで、これまで試合に出てないヤツが一生懸命頑張ってくれた。今のチームに一番足りない気持ちの部分を見せてくれた選手たちを投入した。そういう意味では、勝てて勢いを変えられたかな。1点目は最初のCKで深作がいいボールを蹴ってくれた。深作の起用があたった。
押し込まれてなかなか攻撃に移れないとき、勇気をもってつないでくれたらいいのだが、苦しかったら蹴るクセがつい出てしまう。急にはできないだろうが、そこを変えていかないと上達しない。相手の方がしっかりしているので、どうしても受けてしまう。その部分をもうちょっと乗り越えないといけない。

馬場悠−Voice 大阪学院大学・馬場 悠(MF)
 負けているときはセカンドボールが取れなかったが、今日は前半からセカンドを拾えて、支配率もよくそこから作れた。立命戦も良かったが勝ちきれず、必死になって練習から入って、いいムードでできた。きもちがひとつになったことが、開始の2点という結果かな。ただ、僕を含めてもっと取れるところは一杯あった。もっとその確率を上げたら楽に勝てる。足が止まってくると、ボールの出しどころがなくなり、蹴ってしまっている。動くことで空いたスペースができて、相手のDFが出てきたところに誰か入っていけばボールをまわせる。全員がもらう意識で動き出せれば、もっと良くなる。次は関学なので絶対に勝たないといけない。僕らもサッカーのスタイルが変わったし、加茂さんのとこには負けたくない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。