2007年05月04日

【07春季リーグ】第6節/桃山大−びわこ大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第6節・桃山学院大−びわこ成蹊スポーツ大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 前節、攻撃の形が作れなかったので、攻撃的な宮澤を入れて、2列目から飛び出すというのをはっきりさせた。前半はチーム全体のリアクションも良かった。だが、後半のようにうちはウラに徹底されるとちょっと弱い。体大のときもそうだったが、リズムがつかめない。そこで前で起点が欲しくて池田を投入し、岡田と金光の役割が曖昧になっていたので、船津を入れて中盤の役目をはっきりさせた。最後追いついたので、次につながるのではないかと感じている。

尾崎雄二−Voice 桃山学院大学・尾崎雄二(DF・主将)
 リズムが悪いなりに先制できたから良かったが、悪い時間帯に我慢できず、勝負弱かった。つなぐのか、シンプルにウラに蹴って追いかけるのかという意識統一ができてなくて、相手を勢いづけて後手後手になってしまった。試合中はそうは考えてはいなかったが、終わって振り返ると負け試合だったので、追いついたことは評価できるかなと思う。去年から出ていたメンバーも、自分がやんなきゃという意識が出てきた。連敗してた時は、イケ(池田)がケガ、僕もインフルエンザで出られず、何かが変わるわけじゃないが、4回生がいたほうが気持ちに余裕ができるところがあるので、やることをはっきりさせるのを意識した。いることで他の選手も声を出したりというのを感じられた。この引き分けは自分らで次につなげないといけない引き分けだと思う。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 チョンボが二つ続いてしまった。どこもそんないいGKはいないが、GKがしっかりしてたら勝てるゲームが続いている。いろいろな選手を使ってみてはいるが、どれも中途半端。残りわずかなところでどういう試合運びをするか、サッカーを知らない。こういう修羅場を経て、勉強していかなくてはいけない。時間稼ぎにキープできる力はないが、その時間の稼ぎ方を知らない。向こうも前半ほど、ハードなプレスをかけてこなかったので、油断してくれたときに逆転できた。2−1になって10分ちょっとを、ケツをひかずにつないでポゼッションできないと、苦しい。駆け引きやいろんなことをクレバーにならないといけない。向こうがベストの状態ではなかったので、勝てたらよかったのだが。

榊親平−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・榊 親平(DF・主将)
 元々、引き分けでもおいしいくらいのないようだったので、すぐに切り替えてやりたい。何度か失点しそうな場面もあり、ミスも多かったので、そういうのをなくしていきたい。失点は0でいこうとはしているが、取られてもチャンスがあれば取ってくれるという信頼感があるので、慌てずに試合はできていると思う。最後の場面、後ろは「キープ」と言っていたが、前には伝わらず、すれ違ってしまった。引くのか行くのか、全員の意思統一ができていなかった。勝ちに行くためにもっと危機感を持ってやっていかないといけない。関西選手権に出て、総理大臣杯に出場するためにも、まずはこのリーグで結果を残したいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。