2007年05月07日

【07春季リーグ】第7節/大体大−関学大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 第7節・大阪体育大−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 連戦でキレも悪く、コミ(込山)が入っていなくて(累積による出場停止)、守備のバランスが悪いところをつかれてしまった。うちは、DFで持っているようなもの。そのリズムが立ち上がりに崩れて、不安を抱えながらやっていた。前半終わりに決めておけばいいところで取れなかった。バックラインでリーダーシップが取れないので、トップにボールを預けて上がる時に、中盤が上がりきれずに展開が単調になっていた。中盤から村田を使えればよかったが、ボールを前で持たせてもらえず、彼の良さが出なかった。流れがなく、こういうコンディション(雨)だから、2列目で拾えて外にボールを回せていたら、リズムも変わったろう。それでもGWの連戦を2勝1分で乗り切れたことは大きい。どこも必死だから相手は関係なく、勝ち点を取りにいきます。

中杉明裕−Voice 大阪体育大学・中杉明裕(MF)
 早い時間に失点して、焦りもありましたが、絶対取ってくれると思っていた。徹底して蹴ろうというのが最初はできておらず、押し込まれたのでそこは修正したい。関学はでかいのがいないのはわかっていたので、つないでくるか、スペースを使ってくるだろうと思っていた。最初は少し戸惑いもあったが、対応はできていたと思う。込山がいない分、みんなで声を出してカバーということは意識していた。4回生中心に、とにかく声を出して引っ張ろう、身体を張ってプレーで示そうという気持ちは強かった。引き分けだけれど、みんな切り替えはできている。1週間空くので、次の試合はいいコンディションで臨めると思う。

−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 いつもだったら先制して追いつかれると逆転されるパターンだったけれど、後半に運動量と闘志を切らさずやってくれたことで、チャンスを作ってくれたと思います。先制できている試合が続いているので、この3連戦は1勝2分で勝ち点を逃していない。勝ち続けられるチームになるよう、さらに修正して次の試合に臨む。3節から5節の悪い時期を抜けて、チームはスタイルを取り戻せた。そう簡単に負けない自信、勝つ自信がある。相手もそのつもりだと思うので、最大の準備をしたい。残留も、入れ替え戦回避も、関西選手権の出場権も、よそがどうこうではなく、自分たちでつかみ取らなくてはダメ。次も最後も自分たちでその結果を出します。

小関佑典−Voice 関西学院大学・小関佑典(MF)
 ゴールは狙いました。リズム作るために打っておけ的なところはあったけど、狙いにいきました。決定的な仕事をできないことが自分の弱点とわかっていたので、改善しようとしていたがなかなか結果は出なかった。今年はポジションを上げて、攻撃に絡もうと心がけていたし、自分でも結果は欲しかった。僕のアシストじゃなくても、自分が発信源ならいいので、そこはこだわりたい部分です。全体としては間延びもしていた。相手もおんなじようなところがあったので、ちょっとの差で競り勝てていたから引き分けになった。中盤まわしてくるチームだったらやられていたかもしれない。相手がサッカーが違っても自分らの色を出して、自分らのサッカーをするしかない。続けていくことで、悪い時でも流れを変えられるようなサッカーをしたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。