2007年05月31日

【07関西選手権】2回戦/近畿大−京産大 スタッフ・選手コメント

第36回関西学生サッカー選手権大会 2回戦・近畿大−京都産業大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・田中幸雄監督
 選手が前回やられた悔しさで、絶対に勝とうとまとまってくれた。みんなどこが悪かったかわかっていたし、馬場がまとめて頑張ってやってくれた結果です。入れられた時間帯が悪かったが、あれで危機感を持ってくれた。リーグでの3連敗は、戦術的、体力的に負けたわけではなく、自滅したのばかりだった。近大のサッカーをやれば結果は後からついてくる。選手権に勝って総理大臣杯に出ようと選手たちが自主的に頑張ってくれた。次の試合についても、選手任せ。自分たちで考えさすのが一番だし、とくにびわこだからと対策もない。彼らを信じてやることをやらさないと。

馬場賢治−Voice 近畿大学・馬場賢治(MF・主将)
 リーグも前半1−0で勝っていて、やな流れで後半に入って逆転されたので、その反省を生かせた。一人が切れたら、10人で支えるということで、失敗を繰り返さなかった。相手のタイトな守備にイライラした時間帯もあったが、みんないい雰囲気でやれたと思う。3点目は得意なゾーンなんで打ちにいった。2点目はまぐれです。左に落としてきたのもあったけど、左右どちらでも決めないといけないし、どうしたら相手が怖いかというのは常に考えている。春は失点が多かったが、DF4枚には個人的にも注文をつけたり、アドバイスすることもあったが、4人がどうすればいいかがわかってきて、今日は巧くやれていたと思う。
今年はどこが圧倒的に強いというのはない。一つ一つの試合で、気持ちやどちらが我慢できるかというところ。後一つ勝てばいい舞台でやれるし、TV中継もある。いい思いをするためにしんどくても頑張ろうとみんなに話した。どれだけ頑張れるかを、次までの短い期間で重視していきたい。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 あんなもんです。ミスから全て失点してしまい、一番大事な試合で、一番悪いゲームをしてしまった。ボールの取りどころをはっきりできなかった。奪ってカウンターが持ち味なのに、自陣のDFラインに近いところでしか取れない。サイドでしっかりボールを取れれば、もっと違う形にできた。わかっていながらも馬場の個人の技術にやられてしまった。個々のスキルが他のチームよりも低いので、その技術を夏にどう磨いていくかがポイントになる。走る能力はあるので、後は個人の精度を上げていくこと。リーグで4位という結果を残せたチームとは思わず、一から走りこんで出直しです。うちのチームは努力をしていくしかない。だが正直、ここで勝ってもう一度歴史を作っていくステップとしたかった。

日下亮−Voice 京都産業大学・日下 亮(FW・ゲームキャプテン)
 全体にミスが多かったし、危ないところでの状況判断ができていなかった。全てにおいて精度が悪かったことが敗因だと思う。いい時間帯で同点に追いついたけど、集中が欠けていたかもしれない。攻守ともにゴール前でもっと簡単にやれるところをしていなかった。
リーグは4位だけど、やるべき課題はまだまだある。うちは規律があって、ゲームの中でそれを守れない選手が一人でも出ると、チーム全体が悪くなってしまう。一人一人が規律があって成り立っているところを、違う方向に行かないよう4回生が中心にしっかりやっていきたい。精神面もフィジカルも体力もまだまだ足りない。秋のために今からしっかりと準備したい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。