2007年06月03日

【07関西選手権】準決勝/桃山大−大体大 スタッフ・選手コメント

第36回関西学生サッカー選手権大会 準決勝・桃山学院大−大阪体育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 しんどいですね。中2日だが、あんなに身体の動きが悪いとは思わなかった。今日は暑すぎたし、ピッチが悪かったのも影響している。夜の試合の延長の後、今日は11時からのゲームで、コンディションの差が最初の動きの差になった。延長では身体が動いてなかったし、よう追いついたと思う。それでも後半終了間際には何度かいい形を作れていたので、90分で決めたかった。PKのときにはバテていたのもあったし、しょうがない。前半は攻められて良く耐えた。
累積もいないので、次はコンディションを戻してやれる。1週間あるのでしっかりメンテナンスしたい。いつもこの3位の壁を越えられないが、1回越えればチームとして成長できる。何かきっかけとなるものが足りないのだろう。

桃山5人衆−Voice 桃山学院大学・尾崎雄二(DF・主将)
 前半は前線から守備に入れてなくて、中盤が裏返されて全体に下げさせられていた。セカンドを拾えない時間帯が多くしんどかった。押し込まれてるから我慢しようと声をかけあったが、ゲームの中でどうしたら良くなるかという声はなく、いっぱいいっぱいになっていた。後半はセカンドボールを拾って、サイドを広げた時にスペースが作れていたので、前半よりも攻め手があった。中2日というコンディションを僕らが言い訳にしてはいけない。自分らの力が足りなかったから勝てなかった。
監督にも言われたが、自分たちに甘さがある。それは球際だったり、セカンドへの意識だったりというところ。3枚しか交代枠が使えない中で、それぞれが運動量を増やして何とかしようという気持ちをもっていない。次の試合はゲームで100%自分の力を出し切れるようにしたいから、モチベーションもコンディションも、そうなるように持っていかさなくてはいけないし、自分らの中で甘さを許さない雰囲気を作っていこうと思う。
(写真は左から金光栄大、三村祐太、渡部泰征、田中祐樹、尾崎雄二。「僕たち立ち直りは早いんです!」)

−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 悪くはなかったが、最後の詰めが甘かった。点が取れないことは、ずっと課題ではある。得点して、もっと早めにDFを作っておけばいいのにああいうところが甘い。逆襲があるぞと話していたのに食らってしまった。確実に1−0で勝たないといけない。川本は春合宿前に出遅れていたが、じっくり辛抱してトレーニングを重ねてきたのでリーグ終盤から起用している。勝負どころに強いし、動物的な勘があるのでPKを1本は止めると思っていた。
3年ぶりの総理大臣杯だが、こいつらにとっては初めてみたいなもの。チャレンジさせるいいチャンスを思っている。やれる力はあると常に言い続けて、半信半疑だった選手たちがだんだんその気になってきた。関西のタイトルを取ることで、自信つかせたい。

西谷良介−Voice 大阪体育大学・西谷良介(MF・主将)
 前を向いてプレーしろとだけ言われ、森のところにそのまま入ったけれど、全然できなかった。交代で入るなら、流れを変えなきゃだめなのに、そのまま溶け込んでしまって、情けなさを感じた。桃山は11(武田)が出てきたら、ポストとして起点になる。そいつに対して競りに行こうということは徹底した。11に対するファーストディフェンスがいけていたから、セカンドボールもこちらに転がることが多かった。
今年全国に出ないかんことは、みんなもわかっていた。目標がはっきりしていたので、キャプテンとしてはやりやすくもあった。でも自信がある分、負けたときのダメージが大きく、主将としてチームの大黒柱にならないといけないし、チームを立て直すことで精神的に大変なところはあった。ここまでこれたのは、勝てないちょっとの差が何なのかを4回生が考えれていたのも大きい。全員で勝ちにいって、関西を取りたい。僕は教育実習でチームと練習をやれない分、みんなを信じてコンディションを作っていきます。

川本翔一−Voice 大阪体育大学・川本翔一(GK)
 攻められても焦ったらダメだし、うちはDFが強いので落ち着かせよう。集中が切れたらぐだぐだになってしまうから、そうならないよう気をつけた。PKはあんまり自信がないけど、メンバー外の人らが桃山と関学のビデオを撮ってきてくれたので、しっかり研究できた。そのおかげで止められたし、キッカーも全員が決めてくれたので良かった。他の人らの功績があるから、結果になったのでそれに感謝してます。
正直、ゲームに出れてなかった時は、気持ち落ちてたところもあるけれど、他の4回生が励ましてくれたので、常にいい状態を保てるよう練習ができた。他の4回生にはめっちゃ感謝しています。教育実習で抜ける4回が多いので、残っているメンバーでどう埋めていくかが大切になる。気持ちが一丸になれば、どこにも負けないと思うので、僕ら4回生がしっかりまとめていきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。