2007年06月17日

【07春季リーグ】1−2部入替戦第1戦/大院大−姫獨大 スタッフ・選手コメント

第17回関西学生サッカー春季リーグ 1−2部入替戦第1戦・大阪学院大−姫路獨協大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・藤原義三監督
 姫路獨協がうちと比較してどれくらいの力なのかわからず、2位できているだけの実力はあるし、警戒はしていた。こんな展開になるとは思わなかったが、取られてすぐに返せたことが良かった。相手が勢いづく前に止めることができた。2部のチームは上り調子でここまできているので、それが一番怖かった。途中で向こうが少し足が止まったようになったところがあって、そこで追加点をとれたことと、点差はあったが終了間際の1点が大きかった。
リーグ戦は守りのシステムだったが、入れ替えは勝ちに行かなくてはいけない。4バックにして、サイドから人数をかけて攻めるようにした。いずれにしろ次も攻撃的に行かなくてはいけない。受け身になってはダメ。取られた3点はどれもセットプレーなので、そこはきちんと確認する必要がある。次は失点0で勝つことを目標にしたい。

小森智貴−Voice 大阪学院大学・小森智貴(FW)
 得点したことは素直に嬉しいですが、僕自身の得点ではなくチームみんなで取った点だと思います。今日は絶対に負けられない試合だったし、先制されて俺が入れてやろうという気持ちがあった。そこで取れて良かったです。ツートップになって、楔に入るボールもコースが2つあるから、バリエーションも増えて自分としてはやりやすい。サイドからいいクロスが上がってくるのを信じて待っているので、あとは俺と(坂本)勇一で入れるだけでした。大勝はしたけれど、セットプレーでやられているので、そこを修正して無失点で勝てるよう、この1週間でしっかり練習していきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。