2007年07月02日

【07総理大臣杯】1回戦/東京学芸大−大阪体育大 スタッフ・選手コメント

第31回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 1回戦・東京学芸大−大阪体育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 東京学芸大学・檜山 康監督
 うちの守備は、こちらから仕掛ける守備。相手のペースでプレーさせず、やむ終えずこういうプレーをしているというのを連続させることを重視している。守備の面では頑張ったが、攻撃は相手が10人でも攻め返せなかったことが課題。サイドを起点にして、攻め返せていないので、後半の戦いには不満が残る。体大がロングボールを入れてくるのはわかっていたが、駒澤とリーグで対戦しているので、そのイメージで考えていた。相手にとっては1本でも成功すればいいが、対処するこちらは1本もミスはできない。その我慢比べを跳ね返すために何をしないといけないかを理解はしている。全てはできないが、そこでどうするのかをしっかり考えて戦ってくれた。
次の福大は去年負けた相手なので、モチベーションは作りやすい。面白い試合にしたいです。

瀬田貴仁−Voice 東京学芸大学・瀬田貴仁(MF・主将)
 選手が交代すると、やっていることが徹底されなくなり、相手が10人になったのに、自分たちで苦しめてしまった。変わった選手がもっとゲームに入れるよう、僕らもしっかりサポートしていかないといけない。体大は11(熊元)に当ててくるので、そこについた1枚が負けてもいいから、こぼれをはっきりさせた。うまく守れたし、競れていたと思う。相手のSBからロングを蹴らせないように前から行きたかったが、高い位置で取って攻撃というのがまだ足りなかった。8番の坂本さんが、去年の(総理大臣杯の)早稲田戦でケガをしてようやく復帰してきたところ。その坂本さんが得点してくれたので、士気も上がるし、勢いも出るだろう。浮き足立つところもあったので、初戦を勝ててよかった。福大も守備が堅いし、1点取るのは簡単じゃないが、前半を0−0で行って後半に勝負できるような形に持っていけたらと思う。

−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 コミ(込山)が開始早々に痛めたのが大きかった。DFの基点だし、不安定な状況になってしまった。学芸のやり方はわかっていたが、勝負の流れが悪い方に悪い方にと行ってしまった。ボールがハーフウェイラインの手前でつながっていたので、もう1つ前に行けと言っていたが、一人少なくなって動きの量が減ってしまった。ちょうど相手がへばってきたころだったのに、退場してしまい、自滅して自分たちのサッカーができなかった。力はつきつつあるが、まだ経験が不足している。学芸は関東で厳しい試合を勝ってきて、駆け引きもできるし、モチベーションも統一されて徹底していた。うちは流れが持てなかった。こういうゲームでもどうやれば流れが取れるかという、経験がない。相手にとってどこが嫌かというずるさがなく、単調な攻めになっていた。そこができれば変わってくる。夏の間に1回生を鍛えていきたい。秋には面白いチームを見せる。


この記事へのコメント
僕は,サッカー教室で習っている4年生です。応援しているので,がんばってください。
Posted by ゆういち at 2007年07月04日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。