2007年07月03日

【07総理大臣杯】1回戦/仙台大−法政大 監督コメント

第31回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 1回戦・仙台大−法政大の監督コメントです。
−Voice 仙台大学・中屋敷眞監督
 教育実習から戻ったばかりの4年生が多いのと、ケガと麻疹でセンターバックとボランチという主力の選手がいないなど、法政には(インカレで引き分けの)雪辱を期す気持ちもあったが今のチーム状態では難しかった。守備の要とパス出しの選手がいないのが大きかった。もっとできるはずなのに、受け身になって慌ててしまった。意図したプレーがないし、ノープレッシャーの状態でミスをしたらこんな点差で負けるということがわかったと思う。フレッシュに行けたから逆襲も受けて失点したが、後半の方が個の力も発揮できたし内容は良かった。1点欲しかったので負けていて1人少なくなってもFWの数だけは減らさずにいった。正直、こんなに点差がついたことは、今まで積み重ねて来たものは何だったのかとショックがある。ただ、今日みたいな現実が起こって、悔しいと思うなら何かを変えないとダメ。ゲームを通じて何かを得ないといけない。今年は試練の年と考えると、意味のある負け方かもしれない。僕も勉強になったけれど、コーチ、選手にも良い経験になったと思う。悔しいが、先につなげるための結果ではないかと受け止めている。

−Voice 法政大学・照井博康監督
 前半は間延びして、DFラインがどこにパスを出そうという意識もなく蹴るだけのクリアになってしまい、サイドに当てて展開する形にできなかった。パスを取られてカウンターを狙われることが多かったので、近場でボールを回して、スペースができたら展開しろということを指示した。後半である程度は修正できたが、シュートチャンスはもっとたくさんあったので…。仙台大とは去年のインカレでも当たっていて、システムも変わっていなかったので、運動量と球回しで疲れさせようとしたのが良い方向に行ったかもしれない。次への課題は、DFラインの押し上げを修正すること。今日はDFラインの相手との駆け引きがなかった。それを徹底すれば、もう少し中盤が間延びせずにできると思う。総理大臣杯の優勝は、水沼(貴史)の時以来していないので、まず決勝まで行きたい。トーナメントは初戦が大事なので、5-0というのは、非常にいいスタートが切れた。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  五味亜矢子


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。